2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー「運動」の記事

ヨガマットを手に入れたら・・・

9月11日(土)
暑さがぶり返して、けっこうこたえます。
「草刈メソッド」を始めたら、どうしても「ヨガマット」が欲しくなり、あちこち探しました。
「flanflan」「Chacotto」「無印良品」・・・どこにも店舗にはなく、「お取り寄せ」になると聞き、がっかり。
でもインターネットで調べたら、ありましたありました。安いのは千円台から高級なのは5千円くらいのまで。自分では3千円くらいならOK!と思っていたら、ありました。
KONAMIさんで約3000円の。で、今日届いたので早速試してみました。
Photo_3
もっと、はっきりした黄緑色だと想像していましたが、抹茶みたいな色。
持ち運びができるバンド付きです。
広げてみたら、結構粘着力があってびっくり。なるほど、これが特徴なんですね。
動かない。そして痛くない。
さて、これを広げて「草刈メソッド」を全部通しでやってみたら・・・快適!
特にうつ伏せになるとき。
床が汚いとちょっと・・・だったんですが。
すっかりお掃除してこれを敷いたら、思う存分身体を動かせそうです。
もともとはキャンプ用品から発展したものかしら?
どこでもすぐ野宿できるな
とは、隣の人に言われました。
「く〜!」

「草刈メソッド」はなかなか楽しい!

9月4日(土)
昨日は、久しぶりの金曜休みだったので友人から借りていた「怪獣のあけぼの」を観ながらチクチクパッチワークで針刺し作りをしていました。
夏休み中、うちのちっちゃいのがなかなか勉強しないので、その手前大人もゆっくりDVDを観ることができなかったのです。
(「怪獣のあけぼの」については後日書きます)
第8話「怪獣の遺伝子」まで続けて観たら、やれやれ針刺しが完成しました。

Photo_2

縫い目がひどいですね。あ、でも初めてのパッチワーク作品かも。

中の球体には乾燥させたコーヒーの粉が。コーヒーの粉には油っ気があるので、針がさびなくていいと聞いたので。

ずっと同じ姿勢で縫い物をして身体が硬くなったので、「草刈メソッド」の初級と中級を続けて行いました。

先日紀伊國屋書店にて衝動買いした「草刈メソッド」

マガジンハス)→http://magazineworld.jp/books/all/b.php?gosu=9025

「テレプシコーラ」の最終回が近いせいか、バレエに触れたくなったのかもしれません。

「草刈メソッド」は、バレリーナの草刈民代さんが17年前に椎間板ヘルニアを患った時に出逢ったPNF(理学療法士の加藤一人さん)とピラティス(第一人者山口実由紀さん)にバレエの動きをプラスして作り上げた、新しいエクササイズ。

ピラティスが土台ですが、

初級編「からだをほぐす」モビリティ筋肉や関節の動かしやすさ

 →呼吸・股関節・背骨+バレエの動き

中級編「体幹を鍛える」スタビリティ姿勢や重心の安定性

 →腹筋・背筋+バレエの動き

上級編「美しいシルエットへ」スタビリティ・オン・モビリティ

動いているときの姿勢や重心の安定性)→

 うつぶせの運動・横向きの運動+バレエの動き

という風に草刈さんのリハビリに加藤さんが応用したPNFの考えも入っています。

初級・中級・上級とも、それぞれ10分程度なので、気楽に始められ毎日続けられそう。

なんといっても、DVDでは草刈さんが実際に目の前で指導してくださるような親しさがあるし、(後ろで一緒に行っているバレリーナ?たちも可愛い!)バックに流れるピアノがバレエのお稽古っぽくて、楽しい。

私は出産してからずーっと骨盤がゆがんでいるのが悩みでしたが、この初級編ではたっぷり骨盤の体操が盛り込まれているのが、嬉しい。バレエのお稽古に実際行くのはとてもハードルが高いけど、これなら大丈夫。

このエクササイズのために、(どこにも売ってなかったので!)今手作りのヨガマットを作ろうかな、と計画しています。(古いタオルなどを使って)

shineshine

9月5日(日)

さて、明日は雑誌「ダ・ヴィンチ」の発売日。「テレプシコーラ」の最終回です。

それでずっと気になっていた「ローザンヌ国際バレエコンクール」を検索してみました。

日本人で初めてローザンヌ国際バレエコンクール金賞受賞した、熊川哲也さんの演技が、いったいどんなに素晴らしかったのか、ずっと気になっていましたが、やっと見つけることができました!

http://jiro-dokudan.cocolog-nifty.com/jiro/2010/01/2631-403b.html

すごい。「完璧」な演技って、こういうことなのね〜。

今年バンクーバーオリンピック男子フィギアスケートで銅メダルをとった高橋大輔選手は、熊川哲也さんをリスペクトしているそうですが・・・あぁ、こういう方なんだ。

日本の宝物ですね、熊川哲也さん。

ジャニーズやサッカーもいいけれど、ルックスがよくて運動神経もいい男子、どんどんバレエにも挑戦してほしいものです!