2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー「書籍・雑誌」の記事

「原由美子の仕事1970→」で、ファッションを懐かしむ

5月1日(水)
GW半ば。昨日は久しぶりにママ友と会って、語る会。
最後はおしゃれなカフェーで。なんという充実した時間でしょう!

帰れば夕飯の買い物の時間。
りろ書房の前の雑誌売り場がこんな風になっていました。

続きを読む "「原由美子の仕事1970→」で、ファッションを懐かしむ" »

小説「ウエストウィング」は「rodrigo y gabriela」を聴きながら

4月8日(日)
大風大雨は昨夜のうちに消え去ったようです。
それにしても雨が降り出す前の南風は温かかった。
これは?と思って洗濯物を干してみたら、乾く乾く。
予報で雨!と出ていても臆せず洗濯機を回してみると、
案外いけることもあるのです。

続きを読む "小説「ウエストウィング」は「rodrigo y gabriela」を聴きながら" »

「独学のすすめ」加藤秀俊著

インターポット
みみりんさんの庭を見に行く
5月18日(金)
天皇皇后両陛下の英国御訪問の様子をテレビで拝見しました。
東日本大震災において、様々な形で助けてくれた英国の方々一人一人(50人あまり)に感謝の言葉をお伝えになったそうです。
御二人のご様子から「慈愛」「感謝」「いたわり」といった言葉が滲み出てきて、涙が出てきます。

さて、今日5月18日は「国際親善の日」(よつばと!日めくりより)

続きを読む "「独学のすすめ」加藤秀俊著" »

草刈用鎌〜鈴木先生〜読んでる本〜「郷愛」

7月16日(土)
暑い。一晩で肘あたりに6ヶ所も蚊にさされました〜。かゆいかゆい。
で、虫対策のために「虫こないアース あみ戸・窓ガラスに」を
網戸にくまなくシューッとやったら、虫がまったく来ないばかりか、
網戸にぶつかったカナブンがジジ!ジジ!と悲鳴をあげていたと思ったら

今朝ベランダで死んでしまいました!(南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏
殺虫剤って、怖!

先日群馬へ草刈りに行きました。
またまた腰が痛くなったばかりでなく、太ももの内側が筋肉痛です〜。

続きを読む "草刈用鎌〜鈴木先生〜読んでる本〜「郷愛」" »

「そこまで言うか!」「阪急電車」そして「乳と卵」

9月25日(土)
中国は基本的には好きな国です。太極拳を始めたのもそうだし、去年から始めた水墨画もどきもルーツは中国。漢詩の世界も憧れです。

でも!今の中国は・・・ひどい。

shine

今日は今読んでいる本をご紹介します。
Photo 「そこまで言うか!」ひろゆき×ホリエモン×勝間和代/青志社

続きを読む "「そこまで言うか!」「阪急電車」そして「乳と卵」" »

「マイケル・ジャクソン」「生きるとは自分の物語をつくること」

9月23日(木)秋分の日
すごい雨です。ぐっと涼しくなってぶるる。

涼しくなったので漫画愛読週間をやめて、本をぼちぼち読むことにしました。
最近読み終わった本を2冊ご紹介します。

マイケル・ジャクソン(西寺郷太 著/講談社現代新書)
Photo_2

続きを読む "「マイケル・ジャクソン」「生きるとは自分の物語をつくること」" »

「空想科学読本9」〜どうしてネロとパトラッシュは!

8月9日(月)
今日から職場も夏休み!
せっかくの夏休み、心がリフレッシュできる本が読みたいな〜。

そんなあなたにピッタリな本を見つけました。
「空想科学読本9」(柳田理科雄 著/メディアファクトリー)。

Photo_2
なんと、今回は柳田理科雄先生御自身がず〜っと疑問だったことに自ら答える、という画期的な企画。だから、イマドキの漫画を知らないお父さん・お母さんでも「そうそう、それそれ!」と、うなずくこと必至です。

例えば→

  • ウルトラマンは裸か?それとも何か服を着ているの?
  • 試合中にやたらとしゃべる矢吹丈。実際に、そんなボクシングは可能か?

ウルトラマンのスーツに関しては、私もずーっと違和感を感じていました。すごくぶ厚くて蒸れそうな素材感。着古した感も伝わってきて、子供心にその辺のことばかり気になっていました。中はいったいどうなっているのかも。

矢吹丈。「あしたのジョー」はあまり読んでませんでしたが、「巨人の星」のテレビアニメでも似たようなことを感じていました。星飛雄馬が一投するまでの「モノローグ」がやたら長いのです(あ!どちらも梶原一騎原作)。理科雄先生、丁寧に詳しく検証しています。

そして、なんといっても気になるのはこの疑問。

  • ネロとパトラッシュの悲しい最期!回避する方法はなかったのか?

御存知「カルピス劇場」で、大人気だった作品。この物語、本場ベルギーではあまりにも暗すぎて人気がないのに、日本人は大好きで、縁の土地を訪ねる人が後をたちません。
ネロとパトラッシュが天国に召されるシーンが、江戸時代から歌舞伎などで「心中物」を愛してきた日本人の琴線に触れるのかしら?

「悲劇を回避する方法はなかったのか?」この件に関しては、理科雄先生、科学的に考察(おじいさんの牛乳運びがいかに重労働だったか)をしつつ、ストーリーを振り返り、ネロが何故不幸になっていったか、その課程を詳細に検証しています。悪い偶然が色々と重なったネロ。お気の毒としか思えません。
なんとか回避する方法はなかったのか?」先生の熱い思いも伝わってきます。

まだまだ面白いネタ満載ですが、私はこの本で「分津マリィ」(ふんづまりぃ)というキャラクターを初めて知りました。永井豪先生の「イヤハヤ南友」に出てくる、5年間便秘症の女性。
分津マリィが、どんな戦いをするかは「空想科学読本9」を読んで下さい。ここでは書けません!
う〜ん、知らなかった。こんな面白い漫画があったんなんて。
そういえば、この頃の漫画、この手の「トイレ」関係の話が少なくなってきた気がします。小さい男の子は大好きなのに。Hな話よりも、健康的な感じがするけれど。
昔話でも「屁っこき嫁さ」という痛快なのがありました。嫁がぶばっと屁をこくと舟が動いたり、大根が抜けたり、とにかく「屁」で果報を招く、あっぱれな嫁。
最期は嫁に「屁こき専用の小屋」が与えられる。それが「部屋」の語源だとか。

この「空想科学読本9」、イラストはもちろん近藤ゆたか氏。
「河童展」で、いつもお世話になっています。)今回は特に分津マリィのイラストが痛快!

お盆にお父さんお母さんの実家に向かう、新幹線や飛行機、車の中で子どもたちに読んでほしい本です。大人もね。

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読んだら

7月10日(土)
夜千代田線に乗ったら、日比谷から赤坂まで、漫画家しまおまほが斜め前に座っていました。実物は目がクリッとして小顔でキュート!ちょっとしたアイドルっぽいのです。仕事帰りらしく、カメラの三脚を持った女の子と一緒でした。スタイルもいいぜよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちょこちょこ電車やバス乗車中に読み進んできた
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を
やっと読了しました。
最初はいちいち「マネジメント」からの引用が出てきて、「読みにくいな」と思っていましたが、だんだん物語に引き込まれてきました。

特に面白くなってきたのは夏の大会が近づいてくるあたり。作者が得意な高校野球のデータ分析が生かされ、主人公がいる都立 程久保高校野球部が強くなっていく様子が、ありありと感じられます。
「かみ砕いたビジネス書」だと思ったらあれあれ?いつのまにか「ジュニア小説」みたいなドラマもちゃんと用意されていて、後半不覚にも電車の中で泣きそうになりました。
スラスラ読めるので、ちょっとした待ち時間にいいかもしれません。

会社経営をしている方には、もちろん参考になりそうですが、家庭とか部活とか商店街とか、人が集まる所ならどこでも取り入れられそう。
「ヒットしているから」と、逆に敬遠しないで素直に読んでみると、新しい世界が広がるかもしれません。

この本を読んだら、
夏の高校野球を地区予選から見たくなりました。
作家の岩崎夏海さんはAKB48のプロデュースに関わっているそうで、この本のモデルになったAKB48も、ちょっと知りたくなりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨夜4ch.放映の「耳をすませば」を見ながら、マトリョーシカのニス塗りをしていました。

やっとマトリョーシカ完成!(ふ〜)
「耳をすませば」は、もう10回くらい見てますが、今は完全に父と母の立場で見ている自分に気付いて愕然としました。

「雫がやろうとしてる事を、応援してやろうか」(あれ?意外とあっさり理解を示すのね)

「私も身に覚えが一つや二つあるし・・・」(お母さんも)

「雫、人と違ったことは、しんどいぞ。人のせいにはできないし。」

(こういうこと言ってくれるお父さんが素敵。いいなぁ、雫。)

「ご飯はちゃんと食べなさい。家族なんだからね。」

(そうそう。それにしてもお父さん(立花隆)イントネーションが訛ってる)

雑誌「ダ・ヴィンチ」の目的は「テレプシコーラ」

7月7日(水)
七夕です。織り姫と彦星は、お天気が悪いけれど無事に会えたでしょうか?

「河童展」のために、生まれて初めて掛軸を注文したことは、以前書きました。
けっこうハードルが高いので、かなり不安でしたが、今日やっと世界堂から返事が届きました。
なんとか、搬入前日には完成品が世界堂に届くそうです。(ホッ)

(でも、取りに行くのはたぶん搬入当日!)

マトリョーシカもやっと塗り終わったし、今日はちょっと一休みです。
毎月楽しみにしている雑誌「ダ・ヴィンチ」を買いました。

りろ書房で買ったので、おばさんからいただいた毛糸のしおりがはさんであります。

Photo_4

表紙は以藏こと佐藤健。(「BECK」のコユキもやるぜよ!)

特集が「ブックデザイナー・鈴木成一」とは、嬉しい。

彼の仕事振り、憧れます(同い年じゃけんの)。

でも、雑誌「ダ・ヴィンチ」のお目当てはこれ!

Photo_5

山岸涼子の「テレプシコーラ」第2部。

28回にして、やっと主人公に好気が?

なんとまだローザンヌ・コンクール。やっと結果が発表されます。

水木しげるの遠野物語

6月24日(木)
暑い!でもいいお天気になってよかった。
わが施設、今日は横浜中華街でお食事です!(私は勤務日ではありませんが)

太極拳のお教室が終わった後、来週試験を受けるKさんと私だけ残って、先生に24式見てもらいました。おぉ、他の仲間も残って見学です!
ものすごい緊張の中、一通り最後までやり通しました。Kさんに感謝!
先生からも仲間たちからも「よかったよ〜!」と声をかけていただき、嬉しいです。
こういう緊張感も久しぶりですが、たまにはいいものですね。
来週はいよいよ本番!

ホッとしたのと、フロスト警部を読み終わったので、久しぶりに本を買いました。
Photo_2 「水木しげるの遠野物語」
マトリョーシカの絵柄を探すため、だけではなく、この本は買っておかなければいけないと思っていました。
「遠野物語」は私にとって、身近な存在です。

今年2010年は「遠野物語」発刊100周年。
なんとそのオフィシャルサポートキャラクターを水木しげるさんがデザインしました。

Photo_5

さすがです。可愛いです。

Photo_3
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」
長い題名です。「ガイアの夜明け」で、著者岩崎夏海さんがこの本の電子書籍化の打ち合せをしていました。
読みやすい。仕事や家庭、色々な場面に役立ちそうなので。

Photo_4 「シマシマ」第9巻・山崎紗也夏 著
雑誌「モーニング」で連載中。コツコツ買ってます。主人公シオさんが羨ましすぎる!
いつかドラマ化されるのでは?