2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

「花巻ブドウ会議in有楽町」へー1

2018年
11月22日(木)
 10月5日の夜。有楽町は雨だった。
 前の日にあわてて買った紫のぺたんこパンプスが、意外と痛い。
 向かうは東京交通会館6階「LEAGUE有楽町」。
 イベント名は「花巻ブドウ会議in有楽町
 
 数日前に鈴木寛太さんからお誘いがあった。
送られてきたチラシは、意外にも字がびっしり。
講演を依頼した鈴木寛太さんご本人に会える、というのと、どうやらふるさと・大迫のぶどうについて話し合う、ということなので、行かずばなるまい。
         「花巻ブドウ会議in有楽町」
                開催のおしらせ
 平成30年9月27日
                         特定非営利活動法人東北開墾
花巻と大迫町を愛するすべての皆様、ぶどう&ワイン好きの皆様へ
 70年以上の歴史を持つ、花巻市大迫(おおはさま)町のぶどう栽培と、ワイン醸造、国内外で高い評価を受けていますが、高齢化、近年は担い手不足で栽培面積が減少しています。NPO法人東北開墾は、花巻市と共同でぶどうとワインの文化を支えるファンクラブ・関係人口創出の事業を開始いたします。

続きを読む "「花巻ブドウ会議in有楽町」へー1" »

鈴木寛太さんの講演会〜在京大迫人会総会ー2

「はい、鈴木寛太です。」
 明るくて、元気な声にホッとした。私は自分の緊張をさとられたくなかったのと、早く「不振な者ではない」証明をしたくて、早口で自己紹介した。中でも大迫町でブドウを栽培している長兄の名前を告げたら安心したようだ。
 プロフィールを送ってほしい、と告げたら、その日のうちに送られてきた。仕事が早いなぁ。またちょっと緊張した。

続きを読む "鈴木寛太さんの講演会〜在京大迫人会総会ー2" »

鎌倉建長寺で早池峰岳神楽公演〜5山の神舞

2018年
11月16日(金)
再び、北鎌倉の建長寺に話は戻る。
次は式舞の中の「山の神舞」。
まっ赤な面をつけて、踊られる勇壮な舞。
岳、大償両神楽ともに、代表的な舞らしい。
舞手は、岳神楽保存会会長の小国朋身さん。

続きを読む "鎌倉建長寺で早池峰岳神楽公演〜5山の神舞" »

鈴木寛太さんの講演会〜在京大迫人会総会ー1

2018年
11月13日(火)
 きっかけは、石鳥谷町人会のY氏からのメールだった。
(Y氏は「リーバーサイド徒然日記」の愛読者でもある)
「知っていますか?地域おこし協力隊の鈴木寛太さんという人の活躍を。NHKのラジオで紹介してますよ。」
 あ、大変だ!と焦った。彼の名前は前から知っていたし、昨年の暮れにご本人を大迫町で見ていたから。
 歳末チャリティー芸能大会で、「早池峰一座(ちんどん屋)」が登場するや、
「かんたさ〜ん!」
 と、黄色い声援を受けていた青年。
 それが鈴木寛太さんだった。

続きを読む "鈴木寛太さんの講演会〜在京大迫人会総会ー1" »

鎌倉建長寺で早池峰岳神楽公演〜4翁舞つづき

2018年
11月11日(日)
翁舞は、私の個人的な印象を語りましたが、これでは偏った知識を皆さんに与えてしまいます。
 せっかくネットの古本屋で「山伏神楽・番楽」(本田安次著)
(昭和17年第一刷発行〈斎藤報恩会版〉 昭和46年復刻版第一刷発行〈井場書店〉 )
を、手に入れたのでそれから「翁」の項目を開きましょう。
 
 この本は、早池峰神楽(当時は一般的に「山伏神楽」と称されていた)が全国的に知られるキッカケになった本です。
 本田安次先生は、昭和6年の夏、早池峰神社の例大祭に詣でて、ここのお神楽数番を古老たちのご好意により演じてもらったのが、思えばこの一叢(そう)の舞曲発見端緒ともなったー
と、序文に書かれています。
 

続きを読む "鎌倉建長寺で早池峰岳神楽公演〜4翁舞つづき" »

鎌倉建長寺で早池峰岳神楽公演〜3翁舞

2018年
11月10日(金)
早池峰岳神楽公演で、一番の発見は「翁舞」の魅力を知ったことでした。
「翁舞」は、「式舞」の一つで、大切な舞です。
小さい頃は、のんびりしたリズムや、翁の面にあまり魅力を感じませんでした。それより、真剣を持って踊る荒舞の激しさに夢中になってたーと、前回の記事にも書きました。

 

続きを読む "鎌倉建長寺で早池峰岳神楽公演〜3翁舞" »

鎌倉建長寺で早池峰岳神楽〜2

2018年
11月5日(月)
10月20日(土)
北鎌倉は建長寺にて、岩手郷土芸能祭in鎌倉
出演は早池峰岳神楽(ユネスコ無形文化遺産)の公演。
の、続きです。
ここで、なかなか続きを書けなかった言い訳をさせてください。
早池峰神楽は、いざ書こうとすると、知らなかったことばかり。
資料だけはいっぱいあるので、あれもこれもひもとくと、まとまらないのです。
言い訳ですね。

続きを読む "鎌倉建長寺で早池峰岳神楽〜2" »

在京石鳥谷町人会(30周年)で鹿踊を堪能

2018年
11月5日(月)
昨日は上野精養軒にて、在京石鳥谷町人会総会。30周年記念ということで、175名の出席者に圧倒されました。
高橋弘美会長のご挨拶でスタート。
花巻市長はじめ、地元の来賓の皆様の御出席、会場のお料理はもちろん、地元の餅米からつきたての餅をふるまい、御婦人方のフラダンス(アンコールの「花は咲く」は感動的でした)。そして出席者全員にお土産とプレゼントがいただけるなど、最後まで至れり尽くせりのおもてなしに感動いたしました。
特に30周年記念ということで、記念誌の発行、地元に枝垂れ梅の植樹など、関係者の皆々様のご準備ご苦労を思うと(我が在京大迫人会百周年の怒濤の日々を思い出し!)、胸が痛くなるようです。
楽しい会、ありがとうございます。
その宴の中で、一番心躍ったのは、春日流八幡鹿踊でした。
長い長いささらと太鼓を常に身につけ、布を被ったまま激しい舞を踊る。花巻ふるさと会の様々なイベントで、鹿踊を鑑賞する機会が増えたことは、私にとって胸躍る出来事です。岩手の郷土芸能はいいものだなぁ、と再認識しました。

続きを読む "在京石鳥谷町人会(30周年)で鹿踊を堪能" »

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »