2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

伊勢佐木町で会いました〜横浜ニューテアトルへ-4

2018年
6月25日(月)
天気予報がガラッと変わって、朝から強い日差し。
メダカの餌やり、花に水やり、掃き掃除、熱いので周辺の道路に打ち水をした。一通り仕事を終えたら、何やらガクッとだるくなって力が入らなくなった。
あ、これは熱中症!
一度やっているので、すぐわかった。対処方法は知っている。
保冷剤を濡れたタオルで包んで、首の後ろ、脇の下、鼠蹊部など太い血管の通っている箇所において、冷やす。身体を休める。
私は首の後ろをともかく冷やし久しぶりにゆっくりした。
寝不足が続いていたのもよくなかったようだ。
皆さんも気をつけてください。

続きを読む "伊勢佐木町で会いました〜横浜ニューテアトルへ-4" »

伊勢佐木町で会いました〜横浜ニューテアトルへ-3

2018年
6月22日(金)
久しぶりに良い、良すぎるほどのお天気です。
さて、5月27日(日)。
私は義母の世話の諸々、隣のバラ園芸家Kさんちが完全に更地になったことを見届け、解体作業をしたトルコ人たちと記念撮影し、皆さんにサヨナラし、2回洗濯機を回し、洗濯物を干し、朝食の食器を洗って(やれやれ!)、
お気に入りのmarble SUDの青いワンピースを着て、
横浜ニューテアトルへ出かけたのです。

続きを読む "伊勢佐木町で会いました〜横浜ニューテアトルへ-3" »

伊勢佐木町で会いました〜横浜ニューテアトルへー2

2018年
6月20日(水)
昨日のWカップサッカー初戦、日本代表がコロンビアに勝利おめでとうございます!
私個人的には「大迫半端ない!」。鹿児島出身の大迫選手の活躍が嬉しいです。
「大迫(おおさこ)」は鹿児島に多い名字。(プロゴルファーの方にもいましたね。)
ふるさとは、花巻市大迫(おおはさま)町と字が一緒。それだけなんですけど、ただ嬉しい。
さて、5月19日(土)は、5時半に目覚ましをかけました。義母の朝仕事は旦那さんに前もって代わってもらって、
横浜は伊勢佐木町にある映画館・横浜ニューテアトルへ。
5月27日(日)「この世界の片隅に」片渕須直監督の舞台挨拶付きのチケットを取るためです。

続きを読む "伊勢佐木町で会いました〜横浜ニューテアトルへー2" »

伊勢佐木町で会いました〜横浜ニューテアトルへー1

2018年
6月17日(日)
ブログをお休みしている間の4月5月は「横浜通い」をしてました。
1. 4月。「春のポー祭り」を企画しました。
萩尾望都先生の「ポーの一族」が宝塚で舞台化されたことは、「ベルサイユのバラ」以来のこと。長年この漫画を愛してきた漫研仲間や友人間で盛り上がっていました。そして、そんな友人の中に2名、その舞台を生で鑑賞した幸せ者がいたのです。
それで、せっかくなので彼女たちからその感想を聞きつつ、お茶をしカラオケをしましょう!と珍しく私が企画しました。
でも、場所決めは結局横浜在住のE氏に全面的に頼り、「崎陽軒ビル」の1Fでアフタヌーン・ティー。横浜そごうで「アンティーク・レース展」(陶器展と2つに分かれ)にため息をつき、最後に全員でカラオケと盛り沢山でした。

続きを読む "伊勢佐木町で会いました〜横浜ニューテアトルへー1" »

「見栄を張る」に共感!

2018年
6月14日(木)
ジメジメした梅雨に入りましたが、昨日はからりと晴れたいいお天気。
介護保険の更新のため、介護認定調査員とケアマネージャーがいらっしゃる日でした。慌てて泥縄式に玄関周りの掃除をして準備。前回は義母の調子が悪かったので、ドキドキでした。でも今回は義母も協力的でとてもスムーズに進行し、最後に私たち夫婦のここ何年かの介護をプロのお二人に労っていただき、嬉しかったです。
そのご褒美(?)も兼ねて映画を観に行きました。
27歳の新鋭、藤村明世監督・脚本の「見栄を張る」。
下北沢TollyWoodという映画館にて。
映画館は47席と小さい映画館ですが、「これから」の映画を積極的に上映している、気概のある映画館でもあります。

続きを読む "「見栄を張る」に共感!" »

ポーの村のようなKさん宅のバラとさよなら

2018年

6月11日(月)

ご無沙汰しております。

「最近どうしました?お元気ですか?」

と、私の貴重な読者氏から心配のメールをいただきました。

PCが重くなって亀のようにのろくなったのと、写真がうまく取り込めなくなったので、ブログを書くのが難しくなっていました。

でも、おかげさまで元気で忙しく動いています。

とりあえず下書きまでしていた、4月の記事を載せます。

4月18日(水)
4月は気温差が激しく、一時「低音性難聴」になりました。

右耳が、トンネルに入った時みたいに「ボワーン」としたり、「キーン」と耳鳴りがしたり、また、めまいもあったりしたので、自転車で遠出するのは控えました。

すぐに耳鼻咽喉科に行って(朝ドラ「半分、青い。」みたいに)耳の検査をして、やはり低音が聞こえずらくなっていたので、すぐに薬を飲みました。今ではだいぶ回復していましたが、テレビと人の声とか、ラジオと人声など、2つ以上の音が重なると、イライラします。または大勢のワーワー言う声は苦手です。

最近、テレビの気象予報士さんが「気象病」という病名で紹介していたのが、私の症状にピッタリでした。気圧の変化が内耳に影響して、バランスをとる三半規管がおかしくなるとか。あ、明日は気圧がぐっと低くなりそう!と思ったら、耳栓をしておくのもいいそうです。

続きを読む "ポーの村のようなKさん宅のバラとさよなら" »

« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »