2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 亀戸天神の「藤まつり」へ | トップページ | 苔貼りはジグゾーパズルのよう »

南昌荘で同窓会〜「3月のライオン」の舞台

2017年
5月11日(木)
10年以上前のこと。
「高校の陸上部の同窓会をしよう!先生に会いたいし。」
と、タッカが突然の提案をした。
高校時代は大人しかったタッカだったが、身体が柔らかいことを生かしてヨガの先生を続けているうちに、ずいぶん明るく社交的になっていた。場所の設定やランチのアレンジは全て彼女がしてくれた。

「南昌荘(なんしょうそう)、ていうところでやるらしいよ。」
と、同窓会のために帰省した時、メモを見ながら母に伝えたら、
「すごいね。」
と驚かれた。盛岡でも由緒ある建物らしい。

同窓会当日。驚いた。

格式の高い日本建築。廊下の板は何年も磨き上げられているうちに飴色になっている。欄間が大きくて彫り物が凝っている。窓ガラスが大きい。古いガラスらしく少し歪んでいる。天井の照明も昔の形だ。ゆったりとした大きさの和室。盛岡にこんな古くて趣のある建物があったなんて。

先生方とタッカが先に来て座布団に座っていた。タッカはニコニコ。

「すごいねタッカ、なぜここに?」
「ここで同窓会をしたかったんだよねぇ。」

懐かしい顔が次々と和室に集まる。皆かつてのジャージや制服ではなく、ワンピースなどでめかしこんでいる。お化粧だってしている。

皆、建物の素晴らしさと庭園に感激している。

「天皇陛下もいらしたらしいよ」
先生方も「よく予約できたな!」、とタッカに感心。

メンバーは顧問の先生が2人(陸上部には顧問の先生が4人もいたのだ)。松田郁夫先生と斉藤依子先生。どちらも体育の先生。松田先生はクラスの担任だったこともあり、一番好きだった。ちょっと松重豊かに似ている。斉藤先生は、踊りやダンスに力を入れていた。
元陸上部のメンバーは7名。全員女性。

お昼はお弁当だった。豪華で驚いた、記憶がある。

それぞれが皆結婚して落ち着いて、まだ雨風がない穏やかだった頃だったろうか。屈託のないおしゃべりで楽しかった記憶しかない。

自分の中で燦然と輝いていた大迫高校時代。
クラスや生徒会(広報委員会)も楽しかったが、具体的なシーンがあれもこれも蘇るのは、陸上部の日々の練習と、北上展勝地そばで行った黒沢尻南高校との合同合宿だ。

朝練の後の塩入り麦茶が美味しかった。食事作りは3年生が担当。早く食べないと、仮眠をして次の練習ができないので、全員必死で食べた。あれから食べるのが早くなった。3年生だった時、高熱になった後輩のお尻に座薬を入れたことも覚えている。

バトンパスをしながら校庭を何周もした。土曜日の練習は(昼食を食べてすぐだったので)よく吐いた。雨の日は廊下で腹筋、腕立て、ビーバーなど体力作りを延々何セットもした。私は県大会どまりだったが、ジュンちゃんが国体やインターハイに進み、日体大に進学した。

今でもオリンピックのリレーを見ると、当時を思い出して胸が熱くなる。

苦しい練習や合宿を乗り越えた私たちは、どんなことがあっても大丈夫、と松田先生が高校卒業の時に太鼓判を押してくれた。それが、結婚して仕事を始めてからも、いつも支えになった。

「また、こんな同窓会したいね。」

しかし、そんな同窓会はあの時だけだった。
由緒ある建物のお座敷で豪華なお弁当をいただく。夢のような時間だった。あれから色々ありすぎて、そんな同窓会があったことさえ忘れていた。

映画「3月のライオン」でそれを思い出した。
主人公桐山零と宗谷冬司名人との記念対局のシーン。

Img_0110

                  パンフレットより

黒いピカピカした板の広い廊下。大きな窓ガラス。全体的にゆったりとした趣のある和風建築。

あぁ、ここにいつか来たことがある!

ずっと忘れていた同窓会の思い出が蘇った。

大友監督は映画の中で最初のクライマックスの舞台を、南昌荘に決めた。大友監督は岩手県出身。盛岡一高卒。この建物にも思い出があるのかもしれない。

南昌荘のHPは、盛岡市民生協だった。なぜか?↓

http://www.iwate.coop/kankyou/nanshousou/

明治18年実業家によって建てられた南昌荘は、盛岡出身の実業家瀬川安五郎が明治18年頃に邸宅として建て、築庭も数年かけて完成し、盛岡の数少ない明治の邸宅・名園 として今日に残っています。
明治・大正・昭和・平成と、ほぼ130年の間に所有者が次々変わる中で、その社会変化を反映し、今日の姿に継承されています。

1987年、盛岡市民生協は、この南昌荘が大手マンション業者により買収され、見事な庭園が無くなるという話を聞き、組合員の共有財産・共同所有として購入する事を決めました。

1990年、盛岡市民生協をはじめ県内の5つの地域生協が合併し、現在のいわて生活協同組合が誕生し、南昌荘はいわて生協に引き継がれました。そして今日まで、南昌荘を大切に維持管理してきました。
2000年、合併10周年を機に、南昌荘の公開・活用を求めるみなさんの要望に応え、一般公開をスタート。組合員はじめ多くの市民のみなさん、お取り引き事業者(虹の協力会)や行政などのご協力により、広く市民のみなさんや岩手を訪れる方々にご利用いただいています。

利用時間     夏季(4/1~11/30)10:00~17:00
冬季(12/1~3/31)10:00~16:00
定休日     毎週月・火曜日、年末年始

入場料金     大人200円、小中学生100円、10人以上は団体割引有り
電話番号     019-604-6633
FAX番号     019-604-6633

またいつか、今度は家族を連れて訪れてみたい南昌荘である。

映画「3月のライオン 後編」絶賛上映中!

http://www.3lion-movie.com/

« 亀戸天神の「藤まつり」へ | トップページ | 苔貼りはジグゾーパズルのよう »

思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/70536506

この記事へのトラックバック一覧です: 南昌荘で同窓会〜「3月のライオン」の舞台:

« 亀戸天神の「藤まつり」へ | トップページ | 苔貼りはジグゾーパズルのよう »