2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 宮沢賢治の朗読会at月島 | トップページ | 咲いた咲いた、チューリップの花が »

ヤマボウシを植えました

2016年
3月23日(水)
桜の開花宣言と同時に花粉もピークを迎えてます。
花粉症の薬が切れたけど、このままやり過ごしたいところ。

レンガはお休み中ですが、今は春の花を少しずつ増やしています。
3月17日は晴れたので、念願のヤマボウシを植えました。
Photo
梅雨の時期に白い花(正式には花ではなく総苞〈そうほう〉)が咲きます。

ヤマボウシ(山法師)はミズキ科でハナミズキにも似ていますが、花弁の形がちょっとちがいます。シンボルツリーとしても人気の木。もう5年以上前から憧れていました。

さて、「木を植える」のは初めてなので、色んな本を読んだりネットで調べたり・・・準備に色々と手間取りました。
まず、候補地を決めて、3日くらいかけて土を掘りました。太い根や瓦礫があるので一筋縄ではいきません。
Photo_2              最後にこんなにでっかい瓦礫が!
          なかなか出てこなくて、まるで遺跡の発掘でした。

Photo_10

土を改良するために、有機堆肥と腐葉土を用意。有機堆肥には石灰が配合されているので、ラクチン。(宮澤賢治さん、今はこんなのがあるんですよ!)

Photo_11

                有機堆肥と腐葉土を少々。

Photo_12

よく混ぜ合わせます。鍬使いが慣れてきました。

土が混ざったら、また穴を掘って、周りに土手を作ります。

Photo_13                ヤマボウシを置いてみました。

            ん?曲がってる。買った時は気がつかなかった・・・

Photo_14

こうして見ると、けっこうな曲がり具合。失敗か?

大丈夫大丈夫。本を読んだらこう書いてました。

「木が曲がっていたら、味になります。傾いている方を正面にしましょう。」

Photo_9
周りの土を3分の1ほど入れ、周りに水を注ぎます。(水決め)
すぐに木を前後左右にゆすり、周りの空気を抜きます。
根鉢と土の間に空気の層があると、根が伸びないのだとか。
この状態なら、まだ木を動かせるので、再度位置を確認します。
そして、残りの土を入れ、土手を作り、最後に水を注ぎます。

木を植えました!

でも作業はまだまだあります。

支柱を立てるのです。

子供が小さかった頃、庭に記念樹を植えたのですが、支柱を立てなかったばかりに、台風で木が根っこから倒れてしまったのです。

なので、今回はどうしても失敗したくなかった。

Photo_15 木の上下半分くらいの位置に支柱を立てます。支柱が当たる所に、本当は杉皮を巻くのですが、なかなか手に入らないので、荒縄を巻きます。この荒縄の巻き方は、いくら調べてもわからなかったので、自己流の適当ぐるぐる巻き。

Photo_17

シュロ縄を水に浸します。「シュロ縄は必ず濡らせ」と。

コマ回しの紐を濡らすのと同じ理由だな、と思いました。

しっかり対象に密着するのですね。

Photo_16

支柱を3本立てました。

「木に対して60度の角度。3本の支柱の足元が正三角形になるように。」

でも適当です。支柱を立てる時はカケヤが役に立ちました。

シュロ縄も水に濡らしたお陰か、しっかり食いついてます。縛り方は、ちゃんとした方法がわからず適当。(いいのか?)

Photo_18

支柱の足元に杭を打ち、杭と支柱をシュロ縄で縛りました。

本では支柱の材質が木だったので「釘を打ってから、シュロ縄で縛る」とありました。

でも我が家の支柱は(朝顔などつる性植物用)中が金属なので、それは出来ません。

この方法が果たして有効か?

Photo

土の表面が乾燥しないように藁を敷きました。

これで終了です!3日に1度、水をあげます。

3時間くらいこの作業に没頭していたら、大事な約束をスポンと忘れていました。

Photo_2

                 庭の片隅に、水仙の花。

さて、翌日は大雨大風の荒れ模様!

でも、ヤマボウシは平気の平左でした。

よかったよかった。

« 宮沢賢治の朗読会at月島 | トップページ | 咲いた咲いた、チューリップの花が »

土いじり」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
わが家にはヤマボウシとみずきがあります。
両方とも時期になるときれいに花を見せてくれます。
みみりんさんのところも何年かすればきっときれいな花を見せてくれますよ。

里山さん、こんにちは。
お庭にヤマボウシとみずきがあるんですね。
素敵です!
我が家のヤマボウシも、里山家のように
花が咲きますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/64607017

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマボウシを植えました:

« 宮沢賢治の朗読会at月島 | トップページ | 咲いた咲いた、チューリップの花が »