2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« GYBP(Goodbye Yellow Brickroad Project)始動! | トップページ | GYBP〜3土固め〜レンガも届いた »

GYBP〜2地下茎がぞろぞろ!

2016年
2月6日(土)
今晩遅く、また雪が降るようです。
昨日朝の地震に、桜島の噴火・・・落ち着け!日本列島!
GYBPも、雪なのでちょっと休憩。

その代わり、前回の写真の過程で出て来た、地味〜大西な物たちをお見せします。

土をほっくりかえしていると、小判は出てこないけれど、ミミズや瓦礫がぞろぞろ出て来る。中でも、笹などの「地下茎」は、気持ちイイほど現れる。
コツコツ草刈り鎌で草刈りをしていた時は、夢に出そうなほど憎らしかった「地下茎」。

鍬(くわ)でざっくざっくと土を掘ると、簡単に取り除けるから驚く。
道具ってすごいなぁ。
Photo
現れた地下茎。何の植物かわからない。たまに紅生姜みたいな赤いのが出てきて、ぎょっとする。

Photo_2                     長い地下茎は、こんな感じ。

Photo_3
地下茎ブラザーズ。その後もゾロゾロゾロゾロ出て来る。

草刈りをし始めた頃は、笹が庭全面にはびこっているため、花作りや野菜作りをあきらめていた。
でも、近所の園芸店の店主さんに相談したら、
笹の地下茎は30cm〜1m以上の深さです。でも、その上だったら大丈夫ですよ。
と、明るい答えが返って来た。そうか!

草刈り鎌〜高枝切り鋏〜剪定鋸〜スコップ〜レーキ〜鍬(くわ)・・・
新しい道具を手に入れる度に、できることがどんどん増えてくる。
自分の手で太い枝を剪定したり、土を掘ったりできるのが嬉しい。
鍬を振り下ろしながら、
楽しい!」「気持ちイイ!
と、思わず大きな声がもれる。なんだろう。砂遊びやどろんこ遊びが楽しいのと一緒なのか。土を耕して来た日本人のDNAが私にもあるのか。

抱きしめたい程、チョコレート色の土が愛しい。

でも、腰がすぐ疲れる。

50cm進んで、腰を伸ばしてから、掘った土を左右にどかし、の繰り返し。亀のような歩みだ。

Photo_5

                         手作り定規。
これを基準にして、土を掘っている。

しかし、ユニディで確認したら希望の黄色っぽいレンガの厚みが5cmあったので、(レンガの厚み×2.5の深さを掘れ、とマニュアルに)さらに2.5cm深く掘る事に・・・

やれやれ。

Photo_6
土固め用の古い丸椅子。もうすぐ出番。
漫画の資料用の写真を撮ったり、枝を剪定したり、安定感がいいので野外では重宝している。

Photo_7 図書館で借りた本をコピーして、参考にしている。
今回のレンガは、モルタルで固める方式ではなく、土を掘って固めて、防草シートを敷き詰めて、砂を敷いた上にレンガを並べる(これでも)割と楽な方式。

ゆくゆくはレンガを動かしたり、外したりが容易にできるように。

誰に頼まれた訳でもないのに「短期間で仕上げなければ!」と、

ちょっと焦って頑張り過ぎた。肘の痛みが取れない。1人でイライラして馬鹿みたいだ。

Gybp

「庭造りNOTE」に描いたイラスト

これからは自分の年や体力と相談しながら、ボチボチやりましょう。

« GYBP(Goodbye Yellow Brickroad Project)始動! | トップページ | GYBP〜3土固め〜レンガも届いた »

土いじり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/63824625

この記事へのトラックバック一覧です: GYBP〜2地下茎がぞろぞろ!:

« GYBP(Goodbye Yellow Brickroad Project)始動! | トップページ | GYBP〜3土固め〜レンガも届いた »