2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 猿の顔は、いかりや長介から鶴瓶師匠へ | トップページ | 2016年はゆっくりとスタート »

2015年は私にとって激動の年

2015年
12月30日(水)
2015年私のニュース
「多摩川と富士山」の絵が市役所に!(1/30)
狛江市役所2F右手福祉課の奥の柱に、私の絵がラッピングされました。

「こまYELL」という様々なことで困窮している方のための窓口のお知らせです。
城南信用金庫主催のイベント「日本を明るく元気に!”よい仕事おこし”フェア」
で、描いた絵が狛江市地域福祉課の方の目に触れて、採用されました。
多摩川から見える富士山を世界遺産に登録された年に大きく布にアクリル絵の具で描きました。
やっと「イラストレーター」と名乗れるのか?と淡い期待が膨らみました。
※クリックすると拡大します
Yell

大々的にこれを宣伝しようとしたタイミングで、
まず多摩川河川敷で少年が殺害される痛ましい事件が起きました。
多摩川の近くに住み、子どもの親でもあるので他人事ではありません。毎日このニュースを気にしていました。胸がえぐられるようでした。
「マッサン」のエリーのように優しい叔母が亡くなりました。(2月)
親知らずの虫歯が酷く、大学病院で手術しなければならず、骨移植の可能性も有り、
と。

つまり、やっとここまでたどりついた!とぴょんぴょん飛び跳ねようとしたところで、ショックな事が次々と起り、精神的に不安定になり、仕事でミスを連発しました。
自分自身がこの仕事に慣れ過ぎたし、ふるさと会や義母の認知症など懸案事項が増えて、集中力も散漫だった。本当に利用者さんと保護者様には申し訳ないことをしました。

でも、お陰でやっと仕事を辞めることができました。
思えば、亡くなった叔母が「もういいんじゃない?充分人のために尽くしたんだから」
と背中を押してくれた気がします。

仕事を辞めて、すぐ義母が住んでいる家の庭の手入れに取りかかりました。義母は認知症で介護度3です。デイサービスの送迎車を待つついでに、夢中で草刈りや枝の剪定をしているうちに、いい事もありました。
ご近所と知り合いになりました。特に門扉のペンキを塗った時は、郵便配達の人にも覚えてもらいました。今までご近所付き合いはほぼゼロだったので「私は○○の嫁です」と自己紹介から始めます。

何よりも義母が私が植えた花を見て喜んでくれました。やっと穏やかな関係を持つことができました。介護の仕事をしてきたので、義母にあまりストレスなく対応ができます。(というか鬼嫁ですが)

先日まではクリスマスのために杉の木にモビールを飾りました
Photo
多摩川の事件以来、子供たちの精神面が心配でなりませんでした。小学校の通学路にあたるので、せめて少しでも賑やかにしたいと思いました。子供たちからの反応は今一つでしたが、ご近所さんは概ね歓迎でした。良かった!
次回はひな祭りのつるし雛を飾ろうかな、と思っています。
そんな風にして、身体を動かしていたら、仕事を辞めたショックから少しずつ立ち直れてきました。

ここ数年の懸案事項だった「水墨画」もやっと完成しました。依頼されたいとこや、裏打ちをお願いした日本画材の専門店「有便堂」さんに絵を褒めていただき、自信になりました。
「自分の絵」をさぐる数ヶ月でした。
Photo_2

あ!そうそう花巻市のイーハトーブ大使に正式になったのも、今年初めでした。
来年は「花巻市の元祖わんこそば大会」や「大迫町の宿場の雛まつり」があります。
そして、何と言っても来年は在京大迫人会が百周年。忙しくなりそうです。

その関連で方々にお手紙を出し、新しい出会いと発見があった年でもありました。

Photo_3 第58回元祖わんこそば全日本大会 花巻

平成28年2月11日(木・祝)午前9:30開場

花巻市文化会館大ホールにて 詳しいことはこちら↓

www.hanamaki-jc.com

Photo_4

第19回おおはさま宿場の雛まつり

平成28年2月19日(金)〜3月3日(木)午前9時〜午後5時

場所 花巻市大迫町商店街

日本一のちんどん屋「大船渡寺町一座」と大迫町の「早池峰一座」の夢のコラボレーション!見応えがありそうです。(2月28日午前11時〜正午まで)

詳しくはこちら→http://hina.hanamaki-cci.or.jp

Photo_5 百段雛まつり みちのく雛紀行

http://www.megurogajoen.co.jp/event/hinamaturi/

目黒雅叙園にて1月22日(金)〜3月6日(日)

10:00〜18:00 入場料:当日1500円/園内特別前売1000円(1月21日まで)

前売り1200円/学生800円 /小学生以下無料

展覧会場は目黒雅叙園の「百段階段」。そこにみちのくのお雛様が大集合します。

岩手からは盛岡、水沢、花巻から。

私も(できれば着物を着て)初日に駆けつけたいと思います。

今日から岩手に帰ります。今回はあまり外出せずゆっくり過ごしましょうか。
年賀状も、身内に不幸が多かったせいか気持が動かず、取りかかりが12月半ばと遅かったので、年内は間に合いませんでした。

年明けにあらためて描きます。楽しみにしていてください。
2015年、読者の皆様ありがとうございました。
良いお年を!

« 猿の顔は、いかりや長介から鶴瓶師匠へ | トップページ | 2016年はゆっくりとスタート »

ごあいさつ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私も今月母代りに心のささえになってくれていた叔母が亡くなりました。
お葬式には行けませんでしたが西の方を向いてお祈りをしました。
でもパパさんのお義母さんがまだまだ達者なのにはすくわれています。
今年もなんかバタバタと過ぎて行きましたが来年もよろしくお願いいたします。

里山さん、こんにちは。
昨年は、いつもコメントありがとうございました。
また、里山家の御馳走に、いつも感動させられました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
お互いに身体に気をつけましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/63214880

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年は私にとって激動の年:

« 猿の顔は、いかりや長介から鶴瓶師匠へ | トップページ | 2016年はゆっくりとスタート »