2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 水墨画はおさると河童と滝 | トップページ | 似顔絵を載せていただきました »

「どんど晴れ」南部鉄器指導は宮伸穂さん

2015年
10月16日(金)
朝ドラ「あさが来た」は、順調なスタート。

朝7:15〜BSで再放送の「どんど晴れ」も、久しぶりに見ると色々発見が。

宮本信子が女将役で出演!
「あまちゃん」の夏ばっぱ役が記憶に新しいが、何かのインタビューで
『「どんど晴れ」というドラマで盛岡の老舗旅館の女将役でしたが、岩手弁がとても難しかったです。でもそのお陰で「あまちゃん」では言葉はスムーズでした。』
というようなことをおっしゃっていた。
「あまちゃん」は、数々のドラマの蓄積があって結実したのだな〜と思う。

そして「どんど晴れ」では、南部鉄器の職人として長門裕之が出演。懐かしい。
最初のテロップに「南部鉄器指導」の文字。本放送当時は気がつかなかった。
なんと「宮伸穂」さん。釜定工房の方。父上の宮昌太郎さんは南部鉄器に北欧のデザインを導入した方。宮伸穂さんの作品を御紹介します。

写真は「メイド・イン・ジャパン 南部鉄器 伝統から現代まで、400年の歴史」

(2014/1/11〜3/23 於 パナソニック汐留ミュージアム)パンフレットより引用しました。

特に記載のない作品以外は、全て釜定工房で製作。

Photo

扁陵釜(1997)

Photo_2                     釜〈四方切合〉 宮伸穂/内田繁

                    2001年 内田デザイン研究所

Photo_3

左縦3つ→洋鍋(1983)

真ん中→オイルパン(1976)

右縦3つ→組み鍋(1975)

Photo_4

                    左キャンドル立て(2001年)

                    右テープカッター(2005年)宮伸穂/ヨーガン・レール

Photo_5

格子鍋敷き(1976)

岩手のミニコミ紙てくり18号「盛岡てつびん物語

では、「宮さんのつくる鉄のカタチ」で、宮伸穂さんの仕事場を詳しく取材しています。

http://www.tekuri.net/tekuri-18.html

その他南部鉄器の数々の工房が紹介されてます。

東北電力 ものをつくるしごと
でも宮伸穂さんを紹介しています。↓

http://www.tohoku-epco.co.jp/kids/after_school/01/genba/02.html

宮伸穂さんの製品及び釜定工房の製品購入は以下のサイトへ。

designshop→http://www.designshop-jp.com/shopbrand/023/P/

niguramu  →http://www.buk.jp/designer/miya_nobuho/

cotogoto 日本の手仕事・暮らしの道具店↓

http://www.cotogoto.jp/category/250.html

n-crafts@metrocs↓
http://metrocs.jp/n-crafts/products/list/19.html

岩手現地で購入されたい方は、盛岡の光原社 モーリオ

光原社HP→http://morioka-kogensya.sakura.ne.jp/

モーリオには、宮昌太郎さんの愛らしいオーナメントもあります。

久しぶりに我が家の南部鉄瓶で水を沸かしてコーヒーをいれてみました。

Photo_6

                 お味がまろやかになったような気がします。

 

« 水墨画はおさると河童と滝 | トップページ | 似顔絵を載せていただきました »

NHK連続テレビ小説」カテゴリの記事

岩手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/62045281

この記事へのトラックバック一覧です: 「どんど晴れ」南部鉄器指導は宮伸穂さん:

« 水墨画はおさると河童と滝 | トップページ | 似顔絵を載せていただきました »