2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 京橋の画廊で 村田林蔵「桜」日本画展 | トップページ | 退院〜そしてお仕事やめました »

鳥取〜こんと砂丘とゲゲゲロード エピローグ

3月26日(木)
桜の季節ではありますが、まだまだ風は冷たい。夜桜見物は意外と冷えるので、ご注意を。
さて、来月18日から1週間手術&入院することになりました。親知らずの抜歯です。
久しぶりの入院なので、不安と楽しみで、まるで「入学式」前の小学生気分。
新しいパジャマと新しい靴も買って、準備OK!

Photo_3

手術と入院が決まったら、本人より周りの方が心配してくれて嬉しい。
旦那さんがある日デートに誘ってくれた。
「映画と無印良品、どちらにする?」
無印!」
と即答した私。調布のパルコで10%offセール。
いつもは買わないブラウスを数着購入して、ついでにおねだり。
「ゲゲゲロードと真光書店に行きたいな」
なにしろ、調布市は水木プロがある「ゲゲゲの鬼太郎」の聖地。
境港の余韻に浸りたかったのです。

Photo_2 調布市「天神通り商店街」は通称「鬼太郎商店街」。「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターたちがあちこちにあって、美味しいお店がいっぱいの商店街。

2013年花巻市のふるさと会の「歩こう会」に参加した時のレポートを再録。

 花巻人会の歩こう会『深大寺〜神代植物園』に参加する

http://miso-oyaki.cocolog-nifty.com/miso717/2013/11/post-126c.html

Photo_6

Photo_7 調布の鬼太郎たちは、カラーでピカピカ。また違った味わいが。

この通りは、居酒屋さんも充実していて楽しい。ふぐ料理のお店も!

商店街の入り口に戻ったら、

「見てよ!」

と、旦那さんが指差した。

Photo_8

「ゲゲゲの鬼太郎」の中で調布市が出て来るコマをラッピングした柱。

こういうのが、水木ファンにとって嬉しい。

5年前、「ゲゲゲの女房」放映時は、漫研仲間と連日のように感想を伝え合ったもの。

テレビにこんなに夢中になったのは、いつ以来だろう。

ミーハーな私は調布市深大寺がドラマで出て来た日、娘をむりやり連れて深大寺に出掛けた。その当時のレポートを再録。↓

GWは「ゲゲゲの女房」で「Let`s深大寺!」

http://miso-oyaki.cocolog-nifty.com/miso717/2010/05/gwlets-1814.html

真光書店へ行く。

Photo_9

「ゲゲゲの鬼太郎ブックカバー」がリニューアル。ちょっと渋い。

カバー欲しさに文庫本を2冊買う。

島根県安来市と鳥取県境港市を今回訪れて、やっと私の「ゲゲゲの旅」は終わった。

こんな旅をまたしたい。次は「あまちゃん」の聖地・久慈か?

(4月6日(月)から、NHK BS 7 : 15より、「あまちゃん」再放送!

参考文献追記:

るるぶ情報版 鳥取 大山 蒜山(ひるぜん)高原 水木しげるロード`15最新

(JTBパブリッシング)

Photo_10

旅の間は、私の「命綱」。ブログ執筆中は私の「右腕」。

「妖怪と歩く_ドキュメント・水木しげる」足立倫行(のりゆき)著(新潮文庫)

http://www.amazon.co.jp/%E5%A6%96%E6%80%AA%E3%81%A8%E6%AD%A9%E3%81%8F%E2%80%95%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E6%B0%B4%E6%9C%A8%E3%81%97%E3%81%92%E3%82%8B-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%B6%B3%E7%AB%8B-%E5%80%AB%E8%A1%8C/dp/410102216X

Photo_11

著者の足立倫行は水木しげると同じく境港市出身。ノンフィクション作家。

「ゲゲゲの女房」放映時に読んで面白かったが、あらためて読むと水木しげるの「妖怪ぶり」が再確認されて、興味深い。

帯の「人生の面白さは65歳を過ぎてからわかった!」に

勇気づけられる!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

入院と在京大迫人会郷愛百周年記念号編集準備のため、ブログはちょっこしお休み。

皆様お元気で!良い年度末&新年度を!

« 京橋の画廊で 村田林蔵「桜」日本画展 | トップページ | 退院〜そしてお仕事やめました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

親知らずの抜歯で大変なことになる事があるのですね!
今のうちに美味しいものをたくさん、美味しく食べておいて下さいdelicious
手術、頑張って~!!
------
調布の鬼太郎商店街も、なかなかのものですね。
キャラクター達と水木先生が愛されているのを実感しますconfident

moeさん、こんにちは!
そうなんです。手術の後、食事は不自由になりそうなので
今のうちに美味しい物を食べておきたいです。
手術、がんばりますよ〜。

今回の旅で水木しげる、再発見しました。
マニアック→メジャーへの転換が凄い。
妖怪をこんなにポピュラーにしたことも。
境港でも調布でも、妖怪と水木さんは本当に愛されてます!!

親知らずの抜歯で入院ですか・・・
大変そう・・wobbly
頑張ってくださいね、心から応援していますよrock

里山さん、こんにちは。
親知らずの抜歯の話をしたら、皆さん泉が湧き出るごとく
経験談を聞かせてくれます。
よくあることみたい。大丈夫!
めったにない入院生活、楽しんできますよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/59406733

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取〜こんと砂丘とゲゲゲロード エピローグ:

« 京橋の画廊で 村田林蔵「桜」日本画展 | トップページ | 退院〜そしてお仕事やめました »