2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 「北陸新幹線鳥瞰絵巻」と「まゆこけし」 | トップページ | 鳥取〜こんと砂丘とゲゲゲロード 11 »

鳥取〜こんと砂丘とゲゲゲロード 10

2015
3月13日(金)
暗いニュースが続く中、西加奈子が「サラバ!」で直木賞を受賞したのと、「ピース」又吉直樹の小説「火花」は、明るいニュース。
こんなに「文学」に光が当たるのはお久しぶり。「火花」(どうしても「花火」と言っちゃうね)、日常の波にもまれて流されまくっている自分にドカンと鉄槌を与えてくれました。ありがとうありがとう、又吉。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この頃、東北の次に考えるのは鳥取のこと。
本日NHK「スタジオパークからこんにちは」のゲストは別所哲也!
「山中鹿介」について話を聞けるかと期待したが・・・

まだ境港に着いたばかりだった。
Photo
駅の待合室には妖怪のベンチがあって、楽しい。
※以下の写真はクリックすると拡大します

Photo_2                     「水木しげる先生執筆中
真ん中に水木しげる。右に鬼太郎。左にねずみ男。左上に目玉おやじが静かに先生を見守っている。境港「水木しげるロード」の象徴のような像。「水木しげる記念館」に行くと、この像の除幕式の様子が上映されていた。
見れば見る程細部までよく出来ている。

Photo_3
なんと、マンガの原稿まで描かれている!
皆さんこの像の側で記念撮影。
ずーっとこの像のそばにいたかったけれど。

Photo_4        「鬼太郎ポスト」!一反木綿ならぬハガキの上に乗った鬼太郎。
Photo_5
はがきの描写も見事。脱帽です。

Photo_6          「河童の三平」竹馬とは上手い。センスがいいなぁ。

Photo_7
死神」のんきにすいかを食べている。
こういう死神さんなら、お迎えに来ても怖くなさそう。

Photo_8水木しげると布枝夫妻」理想の夫婦像。なかなかこうはいきません。

Photo_9
ぬらりひょん」。七福神の福禄寿(寿老人)は縦に頭がでかいけど、ぬらりひょんは横にでかい。どっちがカッコイイ?

Photo_15

「外法(寿老人)と大黒の梯子剃」(大津絵より)

Photo_10 境港のガイドマップの上に妖怪たち。そう!まだ境港の駅前をうろうろしてるのだ。

Photo_11
いよいよ「水木しげるロード」のはじまりはじまり〜。

全長800mのロード(境港駅〜本町)に、妖怪ブロンズ像153体。(2012年12月現在

いっぱいあるので、まずは約10妖怪+色々ご紹介。
Photo_12 トップバッターは「あかなめ」。お風呂を綺麗にしてないと、なめにくるらしい。
我が家のお風呂にも来るかしら。

Photo_13
口裂け女」。現代の妖怪。あまりおどろおどろしくない。
望月峯太郎の「座敷女」の方がリアルかな。↓

Photo_14 Photo_15

豆腐小僧」お豆腐持ってニコニコしてる。

Photo_16                     人気者らしい。お金持ち!

Photo_17

すねこすり」可愛い。

Photo_18                         「つるべおとし」こういう顔のおじさん、います。

Photo_19

妖怪広場」目玉のライトがカッコイイ。色んな妖怪が涼んでる。

Photo_20                    妖怪広場奥の 「河童の泉

Photo_21

河童とたぬき」左にいるのは「岸崖(がんぎ)小僧」。楽しそうだなぁ。

Photo_22 左下が「あずきとぎ」、右上が「悪魔くん」。

「悪魔くん」のテレビ(実写の)見たかった!

マンガ「エコエコアザラク」のルーツは「悪魔くん」だと思うが。

Photo_23

鬼太郎の小便小僧

Photo_24                   「河童の泉」の看板。親切です。

                    妖怪にどんどん詳しくなる。

一休みしたら、また「水木しげるロード」へ。

Photo

ややや。本物(?)の「こなきじじい」登場!

カメラを向けたらしっかりポーズ。

Photo_2                        「砂かけばばあ

                     なぜか愛される妖怪です。

Photo_3

こんと砂かけばばあ。こんなにちっちゃいの。

Photo_7                     「水木しげるロード郵便局

 Photo_9

ろくろ首」。暗いので、まずフラッシュをたいて。

Photo_10次にシルエット。綺麗でしょう。

どの像も小振りで精緻にできているけれども、この像はとりわけ繊細にできている。

Photo_11

妖怪神社」にあった、大きな目玉!水を浴びながらくるくる回っている。

地元の高校生が仕組みを考えたそう。

Photo_12神社といえばおみくじ。お隣に「からくり妖怪おみくじ」 が。

200円を入れると、鬼太郎が黒い玉を持ってしずしずと現れる!

結果は?「吉」。よかった。

神社のすぐ近くに不気味なショーウィンドー発見!

Photo_13

妖怪たちの解剖図。それも立体的な。なんだかぞわぞわする。

それらに見入っていると、

可愛いですね!

と、「犬を連れたお嬢さん」が私のこんをほめてくれた。私も

「すごいですね〜、ここ」と言うと、彼女が

「どうぞどうぞ」

と店内に誘ってくれた。関係者か?

Photo_14                    そこは「妖怪ショップゲゲゲ

テレビでも取り上げられた、有名なお店らしい。

つづく

« 「北陸新幹線鳥瞰絵巻」と「まゆこけし」 | トップページ | 鳥取〜こんと砂丘とゲゲゲロード 11 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/59257545

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取〜こんと砂丘とゲゲゲロード 10:

« 「北陸新幹線鳥瞰絵巻」と「まゆこけし」 | トップページ | 鳥取〜こんと砂丘とゲゲゲロード 11 »