2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 鳥取〜こんと砂丘とゲゲゲロード 1 | トップページ | 鳥取〜こんと砂丘とゲゲゲロード 3 »

鳥取〜こんと砂丘とゲゲゲロード 2

2015年
2月13日(金)
久しぶりに13日の金曜日がやってきた。この日をキャーキャー言ったのは映画「13日の金曜日」からだろうか?(1980年に第1作が公開)

「オーメン」の「666」とか、ノストラダムスの大予言「1999年」とか、色々数字に意味があって、真剣に怖がっていた時代があった。

今はもっと身近に怖さや危険がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、鳥取。
飛行機はすぐには飛べなかった。前日の予報では雪。出発前に航空会社からメールが来た。
「天候不順のため、羽田に戻る場合があります」

一気に気持が暗くなる。

調布飛行場から大島へ行こうとした時を思い出す。その日は風が強くて、プロペラ機は3回ほどトライしたけど大島へは行けず、なんと調布飛行場に戻ってきたのだ。何度も空中をグルグル廻って戻って来る。あの不安で嫌な感じは今でも忘れられない。

でも、気を取り直して「大丈夫だろう」と覚悟を決めた頃、約10分遅れで飛行機は出発することに。
窓の外は冷たい雪。風もけっこうある。無事離陸できるのか?
ポーン
ベルトを外してOKの音がこんなに嬉しく感じるとは。途端に周囲はベルトを外したり、前のテーブルを出したりと、ガタガタと賑やかになる。
飛行機のお約束を楽しんだら、あっという間に着陸体勢。
ガガガガガガガガ
大きな振動音と共に、鳥取に無事到着。
私は嬉しくてついパチパチと拍手。
Photo
鳥取空港から市内まではバス。
こんと鳥取の旅はここから。

鳥取市内に昼頃着いたら、氷雨。もう砂丘は無理。ラクダもお休みでしょう。
じゃあ目指すはだ!
「鳥取なら蟹でしょう」と知り合いから聞いていたので、ガイドブックを見ては目ぼしいお店に電話予約を試みてみた。が、こちらが1人だということ、翌日のランチも蟹はない、ということで撃沈。つまり蟹は団体さんで夜メニューなの!
1人旅って寂しい・・・
お腹がすいた。もう1時近い。取りあえず街を歩く。ガイドブック片手。まだホテルにも着けないから、スーツケースはじめ荷物全部を引きずっている。その上傘をさしているから、動きにくいったらない。風も冷たいし寒いし。勝手がわからない街をウロウロ歩くのが辛くなってきた。もう耐えられない。

全然鳥取らしくない大阪名物串カツ屋「山ちゃん」に入る。以前娘と大阪新世界の串カツ屋に入っているから平気なのだ。「山ちゃん」はチェーン店らしい。「二度づけ禁止」の文字がうれしい。迷わず「串カツ定食」を注文する。

Photo 揚げたての串カツが美味しい。山盛りキャベツもうれしい。ご飯も味噌汁も。温かい料理にホッとする。食事が終わってトイレへ行くと、そこにも「二度づけ禁止」の張り紙が。なぜにそこまで厳しく。

Photo_15

「串カツ山ちゃん」。こちらは米子店。ビリケンさん!

やっと元気になって、道を聞き聞きやっとホテルに到着。やれやれ。

Photo_2

ホッとして、のびをするこん。

しかし、この天候。どこも行けやしない。諦めてベッドで佐藤正午の「鳩の撃退法」を読んだり、娘の写真をあちこちに送ったりして、ウトウト・・・

目が覚めた。これじゃいけない!

少しだけ周辺を歩いてみた。

Photo_3 駅前のイルミネーション。モチーフは「因幡の白ウサギ」。

Photo_6  

サメの背中をぴょんぴょん飛ぶウサギ。この後が怖いんだよね。

Photo_7 ホテルの側は、民藝館通りだった。盛岡みたいなのかな?

Photo_8 ややや!素敵な建物の一群が。

Photo_9

「民藝店たくみ」。店内に入ってみたら、地元の焼き物をはじめ様々な地方の民芸品が。盛岡の光原社みたい。奥まで入ったら、色とりどりの布がざっくりと重ねてあった。

Photo_10 左は「民藝美術館」。階段に躊躇して、入らずじまい。後に悔やむことになるのだ。

Photo_11

美術館の脇にある「童子地蔵堂」。怖くて中は覗けなかった。思わず手を合わせる。

「民藝店たくみ」の隣は料理屋さんのようだ。張り紙に色々講釈が書いてある。

Photo_12 流れ星?賢治?とつい思ってしまう花巻人。

でも近寄ってみたら違った。「麒麟獅子」だって。

Map

麒麟獅子は、鳥取の民俗芸能。これは麒麟獅子MAP。鳥取各地に様々な麒麟獅子が。

Photo_13

これは鳥取県内でもっとも参拝者が訪れる宇倍神社の例祭で奉納される麒麟獅子舞。

一本の角をもつ想像上の動物「麒麟」を頭にかぶり、ゆったりと舞う。

                                         (絵葉書より)

明日の午前は砂丘に向かう予定なので「砂対策」の靴を求めてルミネみたいなファッションビルへ。けっこう雪使用の靴が充実していて、「ここは雪国なんだ」と実感する。

靴を買ったお店の方に「砂丘に行くんですよ〜」と言ったら、

「今がいいかもしれませんね。夏は砂が熱くて大変だから!」

意外!ちょっと嬉しくなる。

「チチカカ」発見。これは町田や下北沢にもある、民族調の衣類や小物を扱っているブランド。例の「あまちゃん」で能年玲奈がはめていた手袋(と同じ)おさるの手袋は、町田のショップで購入した(後に閉店)のだ。

実はそのおさる手袋、新宿で最近映画を見た時になくしてしまった。

「私のツキも落ちたか」

と、厳しい2015年の幕開けを実感したところだった。

チチカカの店内。もしや?と思って手袋コーナーを探しに行く。

動物手袋シリーズの隅っこにいたよ、いたいた。おさるが。

迷わず購入。よかった。ちょっと元気になる。

Photo_14

前のとはちょっと違っておちょぼ口。

少し休んでから次は夕食だ。

« 鳥取〜こんと砂丘とゲゲゲロード 1 | トップページ | 鳥取〜こんと砂丘とゲゲゲロード 3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この時期に雨や雪が降っていると動くのが嫌になりますねsweat01
でも、素敵なお店やオブジェがあっていいなぁpaper
さて、夕飯は蟹?日本海のお魚?かなhappy02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/58914304

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取〜こんと砂丘とゲゲゲロード 2:

« 鳥取〜こんと砂丘とゲゲゲロード 1 | トップページ | 鳥取〜こんと砂丘とゲゲゲロード 3 »