2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« さようなら、りろ書房 | トップページ | 「凶悪」は、久々の骨太映画 »

花巻人会の歩こう会「深大寺〜神代植物園」に参加する

2013年

11月17日(日)
本日の「八重の桜」。徳富蘆花が小説家になる!と思い決めた時、同時に悲しい別れがあったとは。徳富蘆花を演じるのは、太賀。「あまちゃん」では、ドラマのADや映画の助監督の役を演じていました。映画「桐島、部活やめるってよ」では、バレー部の風助役。これからが楽しみな役者です。ちなみに太賀は「アウトレイジ」の中野英雄の次男。

週末にお天気になるのは、久しぶり。

昨日もぽかぽか陽気でしたが、私は花巻人会の「歩こう会」に、初めて参加しました。


歩こう会は、花巻市をふるさとにする人やお友達で集まってもう6年目(年に3回)。都内の名所や情緒ある場所を選んで、楽しく歩いて交流を深めている。驚いたことに、1度も雨に降られていないとか!

さて、今回私がなぜ参加したかと言うと、1お誘いがあったから 2コースがお隣の深大寺と神代植物園だったから 3来年の復興支援ツアー(大迫人会が幹事)の宣伝のため

集合場所の調布駅改札に着いたら、すごい人でびっくり。なんと総勢68名。大所帯のため、5つのグループに色分けしてありました。私はのグループ。ベテランのIさんがリーダーです。

コースは調布市駅前の天神通り商店街布多天神社深大寺(昼食)〜神代植物園(ガイドつき)〜解散。行ける人は二次会に参加。

まず、「ゲゲゲの鬼太郎ファン」にはたまらない、天神通り商店街へ。

Photo

Photo_2                  大人数の大移動。

Photo_3

有名な鬼太郎と目玉おやじ。

天神通り商店街は、飲食店が多い商店街ですが、「ゲゲゲの鬼太郎」の仲間たちのモニュメントがあちこちにあって、楽しい。

Photo_4           ねずみ男は中華料理屋さんの前でのんびり。

Photo_5  

布多天神社に着きました。

Photo_6

            いちょうが見事に色づいています。

Photo_7

立派な牛の像がお出迎え。皆さん自分の気になる所、治したい所を触ります。お尻に触る人が多い!次に頭のようです。私も頭を念入りになでました。

この牛の由来について。

布多天神社が多摩川の洪水を避けて1477年に現在の場所に移り、その時に、もともとの御祭神に菅原道真を配祀したと言われています。
「牛の像」は「布多天神社御神牛」と呼ばれ、菅原道真が元々「牛」を大切にしていた事で、亡くなった後、送葬の途中に柩車(きゅうしゃ)の牛が道真の事を想い悲しみのあまり臥して動かなくなったと言う。その逸話より作られた「像」だそうです。

ブログ「SDTMの気まま空間」より→

http://blog.goo.ne.jp/sdtm/e/d4122ef191af347920918fdc0017114a

なるほど、福岡の太宰府天満宮にも似たような牛がど〜んとありましたが、同じく菅原道真を祀っているからなのか。

それからは、住宅街など歩いて、深大寺に向かいます。

なんて事の無い住宅街の細い道をどんどん行く幹事のTさん。「下見したんですか?」と尋ねたら、「はい。実際に歩きました。」と。

幹事さんは、どこでも大変です。

面白いことに、68名がぞろぞろ歩いていると、辻辻で聞かれます。

「どういう団体ですか?」「どこに行くんですか?」

その度に私はいただいたチラシを広げて説明します。

「花巻のふるさと会です!」「コースはこれこれです!」

皆さん「いいですね〜。行ってらっしゃい。」と、うらやましそうにおっしゃいます。

Photo_8

野川です。水面がキラキラ光っています。すると

「カワセミだ!」とMさん。びっくりしました。Mさんは野鳥の会に入っていて、野鳥にたいへんお詳しい方でした。カワセミがいたことよりも、その方にびっくりです。

「最後の道はいい道ですよ〜」と、幹事のTさん。

確かにいい道です。なんと自転車専用道路が歩道と平行に整備されています。

Photo_9

                    さすが調布市!

いよいよ深大寺に着きました。

Photo_10

有名な鬼太郎茶屋。ドラマ「ゲゲゲの女房」以来、すごい人気です。

Photo_11 布多天神社でもそうでしたが、七五三の親子をあちこちで見かけました。

懐かしさと可愛らしさで、胸がいっぱいになります。お天気でよかった!

お参りして、お昼。深大寺名物のおそば屋さんが軒を連ねています。

集合まで1時間を切っていたので、青グループは、近くのおそば屋さんにさっと入りました。なんと2階奥の窓際に通されて、窓から紅葉が見られて嬉しい。

Photo_12

てんぷらそばをいただきました。8人のグループでしたが、(私以外)皆さん花巻の小学校や中学校の同窓生。ずっと仲良しで羨ましいことです。私も花巻東高校の話に少し加わりました。花巻東は、前身が花巻商業高校だったそうで、その頃から何度も甲子園に出場している。元々野球に強い学校だったとか。ふむふむ。

食べ終わったら、あっという間に集合時間10分前。次は神代植物園に向かいます。

深大寺と神代植物園はお隣。それが、本当に羨ましいというか、素晴らしいコースです。特に神代植物園は近所なので、子どもが小さい頃から何度か来ていますが、季節ごとに花の種類が変わるから、何度来ても楽しい場所です。

今回は、贅沢なことにグループごとにボランティアガイドさんがついて、詳しく説明してくれます。私たちには、スマートなYさんが担当されました。

「1時間ですか。」「今はバラ、ダリア、冬桜、などありますが何が見たいですか?」

と、見たい花の要望をあらかじめ聞いてから、スタート。

広い広い園内。時間は短い。ガイドさんはスタスタどんどん歩いて行きます。

待って〜。普段から鍛えてらっしゃるにちがいない!と、Iさん。とにかく健脚のガイドさん。

沢山木や花の写真を撮りましたが、特に気になった物。

Photo

ダリア。「大正浪漫」という名がピッタリ。ダリアは夏のイメージがあったので、秋にも沢山の花があって驚きました。

Photo_2

ベゴニアコーナーの一角にあった鉢。鮮やかなベゴニアが南国ムードいっぱいです。

「秋のバラは小振りですが〜」とガイドさん。丁寧に名前の由来などを説明してくださいます。

バラの中で1番人気だったのは、

Photo_3                      プリンセス・ミチコ。

イギリスで作られた花なようですが、我々日本人がイメージする美智子皇后は、もっと白に近い淡色だよね〜っと、皆さんと一致した意見。

さて、私が今回一番感動したのは、

Photo_4

十月桜です。この寒空にけなげに花開く秋桜。なんとこの桜は、春と秋の2回咲くそうです!あまりのけなげさに花をなでてしまいました。

「あなたは本当にえらいね〜」と。

人生こうありたいものです。

Photo_5 最後に正面の花車前で終点。ガイドさんに御礼をして、解散です。

一人の怪我もなく、楽しい会でした。次回は2月。目白〜池袋。立教大学周辺なそうです。

流れで私は二次会も参加。調布駅そばの居酒屋さんは、予約済み。

人数も2名多めに25名で予約してあるという周到振りです。

私は6月の復興ツアーでご一緒した方々と、楽しくおしゃべりできました。

幹事のTさんに促されて、自己紹介して、来年6月の復興ツアー(大迫町〜陸前高田の一本松)の宣伝をしました。Tさんのお計らいで、朝集合した時に皆さんに既に呼びかけていただいていました。ありがたいことです。

「歩こう会」は、御夫婦で参加している方が多く、なんとも温かい雰囲気。歩くのに無理のない、楽しいコースを企画する幹事さんは、苦労が多いことでしょう。

花巻人会の皆様、ありがとうございました。

大迫人会も負けないように、頑張って企画致します!

 

« さようなら、りろ書房 | トップページ | 「凶悪」は、久々の骨太映画 »

花巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/53964429

この記事へのトラックバック一覧です: 花巻人会の歩こう会「深大寺〜神代植物園」に参加する:

« さようなら、りろ書房 | トップページ | 「凶悪」は、久々の骨太映画 »