2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 「聞こえない木下さんに聞いたいくつかのこと」感想2 | トップページ | 母の日は卵プリン »

「聞こえない木下さんに聞いたいくつかのこと」木下さんの感想

5月11日(土)
雨の中、デッサン教室に行ってまいりました。
今日から3週連続で「トリミング」。
沢山の対象の中から自分で切り取って絵の中に入れる。
瓶、木、布、剥製の鳥、1つ1つ素材が全く違うし、それぞれ形はとらなきゃいけないしで、

頭はグルグル、腕はカチカチ、喉はカラカラでした。

「聞こえない木下さんに聞いたいくつかのこと」の感想を書いたことが気になって木下知威(ともたけ)さんのHPを見たら、新たな感想が載っていました。

「聞こえない木下さんに聞いたいくつかのこと」一部↑

作者の百瀬文さんです。百瀬文さんHP↓

http://ayamomose.com/news.html

木下知威さんのHP「ライブラリー・ラビリンス」↓
http://tmtkknst.com/LL/category/video/

※この「感想(2)」は、作品を見ていない方は読まないでほしい。

感想(3)では、自分の声をからかわれた思い出にまで言及している木下さん。
彼の本当の気持がわかってうれしい。

やはり木下さんは百瀬さんに思い切って作ってほしい、と言ったのだ。
百瀬さんなりに葛藤もあったことを知り、ホッとした。
タブーに切り込んだ作品なので、迷いや戦いが作者にあって当然だろう。
それを乗り越え、世に出そうとした勇気。
私も一面的にしか見ようとせず、感想も一方的になったようで
はずかしい。賛否両論あるだろう、この作品。
新しい世界を見せてくれる、素晴らしい作品なので、広く
皆さんに見てほしいです。
そして、皆さんの感想を聞きたい。

« 「聞こえない木下さんに聞いたいくつかのこと」感想2 | トップページ | 母の日は卵プリン »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/51587404

この記事へのトラックバック一覧です: 「聞こえない木下さんに聞いたいくつかのこと」木下さんの感想:

« 「聞こえない木下さんに聞いたいくつかのこと」感想2 | トップページ | 母の日は卵プリン »