2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 映画「ドリトル先生」には巨大カタツムリが出てきたはず | トップページ | 私のアバターはもぐらくん? »

木の円柱〜初クロッキーは着衣の女性

5月3日(憲法記念日
明日は祝日でデッサン教室がお休みです。

ちょっと寂しい。

先週完成した2枚目のデッサンです。

Photo
木の円柱。下の楕円が狂ってます。わかってます。薄いです。
「木の木目を拾っているところは、いいです」と先生には褒められましたが。
娘(美大1年生)評→思い切って濃い鉛筆で描いてみたら。
的確です。

Photo_2
日曜は、クロッキーの日でした。着衣(残念!)の女性が次々とポーズを取ります。
画面にちゃんと全体を入れなきゃ、形をちゃんととらなきゃ、と色々やっているうちに時間切れ。
先生→大きく入っていますね。
娘→デッサンじゃないんだから、思い切って描かないと。

陰影の薄さだったり、クロッキーの筆の遅さだったり、どうやら
私は臆病なようです。
だから、年末に頑張っている年賀状も、すごく時間がかかるのか。

最近読んだ手塚治虫の「ブラックジャック」を描いたころの伝記漫画。
手塚先生の驚異的な筆の早さ!同時に4つも5つも連載を抱えて、同時にずらっとそれらの原稿を並べて描いたというのだからすごい。やはり神様ですね。

Photo_3

「ブラック・ジャック創作秘話」2、3(秋田書店)。

2巻からは、いよいよあの虫プロの壮絶な現場が明かされる!!

大変だったとは、なんとなく聞いていましたが、これほど過酷だったとは。

私は24時間テレビ内で放映された「クレオパトラ」を、うっとり見ていたが。

当時少女漫画一辺倒だった私も「ブラック・ジャック」読みたさに、

「チャンピオン」はチョコチョコ買い、当然コミックスも完全読破。

私は初期の手塚治虫作品より、「ブラック・ジャック」や「ブッダ」に夢中でした。

「ブラック・ジャック創作秘話」は、宝物のようなエピソードがぎっしり。

中でも3巻最後の「手塚治虫と6人の孫悟空」は、中学時代宝塚で見て

感激した中国のアニメーション「鉄扇公主(てっせんこうしゅ)」。

それからずっと孫悟空にこだわってきた手塚先生の熱い思いを初めて知った。

孫悟空が中国に里帰りするくだりは、感涙。

« 映画「ドリトル先生」には巨大カタツムリが出てきたはず | トップページ | 私のアバターはもぐらくん? »

イラストレーションを描く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/51478748

この記事へのトラックバック一覧です: 木の円柱〜初クロッキーは着衣の女性:

« 映画「ドリトル先生」には巨大カタツムリが出てきたはず | トップページ | 私のアバターはもぐらくん? »