2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« デッサン〜トリミング終了。瓶と鴨と電球と。 | トップページ | 足裏ずるむけ日記1(Baby Footにトライ) »

デザイン「あ」展は、いよいよ6/2まで

5月26日(日)
六本木ミッドタウンにある21_21デザインサイトで開催中の
デザインあ展」が連日大混雑だが、いよいよ6/2で終了となる。
GWは親子連れで賑やかだったらしいし、HPを見たら混雑が予想される時は整理券を配ります、とあった。
私は23日(木)の午前11時頃到着したのだが、

Photo_3
平日のせいか割とすいていた。でも、親子連れの多さ!
Photo_4 建物に入ってすぐ。ベビーカーがずらっと並んでいたのには驚いた。
ここは「こどもの城」か?
ある意味こどもの城でもあった。

この展覧会はNHK Eテレのテレビ番組「デザインあ」を、立体的に展示したもの。

番組を飛び出して、身近な物たちにはすべてデザインが隠れているのを楽しく体現できる仕組み。従来のあまたある展覧会(デザイン関係も含んで)の中で、これだけ子ども目線でわかりやすく楽しめる(もちろんスタイリッシュ)展示もなかっただろう。

Photo_6

Photo_7 Photo_8

Photo_9

ふろしきコーナー。様々な包み方を、ビデオを見ながら試す事ができる。

Photo_10

私もトライ。瓶包み2本。

Photo_11 すいか包み。できるとちょっとうれしい。

Photo_5

折り紙コーナーでは子どもも大人も。

GWは、このコーナーが子どもにすごい人気だったらしい。

Photo_12 世界中のコインを、入場者全員に配られたお財布型のカードに写してゆく。

これが見本。

Photo_13

ここは大人が夢中過ぎて、大人と子どもが場所の奪い合いをしてる。

私もついつい欲張ってしまった。

Photo_14

こどもだけではなく、大人もお絵描きできるコーナーがうれしい。

Photo_15

タブレットでスケッチが今風。その日のお題は達磨。

Photo_16 会場の壁面に飾ってあるのは、みんなの「あ」。

Photo_17

みんな思い思いにクレヨンや色鉛筆で自分の「あ」を描いている。

私はこの情景を見て、泣きそうになった。

田中一光さんが見たらうれしかったろうに。

昨年同会場で企画・展示された「田中一光展」。

戦後の日本をデザインの力でグイグイとリードしていった、

デザイン界の巨人。日本の美を世界に発信し続けた方でもある。

「東日本大震災があって、今田中一光さんがいたら・・・」

展示にあたってのごあいさつがあった。

でも、この「デザインあ展」が、その答えになっている気がして

涙が出そうになったのだ。

ちゃんと次の世代がデザイン界をぐいぐいと引っ張ってますよ!

この展示で楽しんだ子ども達の誰かもきっと、いつか、デザインを志す人が出てくるでしょう!

だから、だいじょうぶ!!

Photo_18

気がついたら13:30。近くのサブウェイで腹ごしらえ。うんめ〜!

« デッサン〜トリミング終了。瓶と鴨と電球と。 | トップページ | 足裏ずるむけ日記1(Baby Footにトライ) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

「デザインあ」好きなんですーheart04
たまにしか観られないんですけど、
おんなじ「あ」でもデザインでがらっと変わるんですよねー。
風呂敷の包み方とか実用的でいいですね。
大人の方が夢中になるのわかるなぁhappy01

紅葉さん、お久しぶりです!
「デザインあ」、いい番組ですよね。
私もたまに偶然娘と見たりしてました。

「デザイン あ展」は
カッコ良かったり、面白い切り口だったりの
アプローチの仕方で、こんなに子どもも
大人も楽しめるのか〜。
色んな意味で勉強になりました。
ふろしき、もっと身近に使いたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/51781615

この記事へのトラックバック一覧です: デザイン「あ」展は、いよいよ6/2まで:

« デッサン〜トリミング終了。瓶と鴨と電球と。 | トップページ | 足裏ずるむけ日記1(Baby Footにトライ) »