2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 梅雨の仕事 | トップページ | 足の爪がはがれた! »

「ヘルタースケルター」見に行きます

インターポット
みみりんさんの庭を見に行く
7月13日(金)
13日の金曜日。珍しくミーティングで失敗を指摘されない、私にとってはいい日でした。

個人的なテープ起こしが終わったので、娘より一足お先に夏休み。
明日は1人で映画「へルタースケルター」を見に行きます。
色々物議をかもしている沢尻エリカ主演、
ですが、彼女が身体も顔も完璧に美しく、演技が上手なのは確かだし、
私は原作も読んでいるので、「主人公・りりこを演じられるのは沢尻エリカしかいない!」
という監督の結論には、私も納得です。
お行儀の良い、中途半端な女優では決して演じられない役でしょう。
彼女は、覚悟を持ってこの映画に挑んだことでしょう。

蜷川実花は「さくらん」で、その目眩がするような色彩の乱舞、
女たちの振り切れ方など、いい意味で今まで日本映画にはない可能性を感じたました。
かつての日本映画とは違って、「運命に翻弄される可哀想な男の慰み者」の花魁ではなく、「働く女」としての花魁の強さ、したたかさ。それは、時に男性たちが正視できないほどだったでしょう。花魁たちのたくましさ、格好良さに、女性たちは拍手したのです。
思えば、「さくらん」は女だらけの映画でした。
原作も監督も脚本も女。そして舞台は花街。

一方「へルタースケルター」は、主人公りりこを巡って、男たちがどう絡んでくるのか、楽しみです。(綾野剛〈カーネーション〉や新井浩文〈モテキ〉)など。)
そして、なんといっても蜷川実花の色と美の世界が楽しみでたまりません。

「グスコーブドリの伝記」の前に、どうしても見ておきたい、

「ヘルタースケルター」は

明日が初日です。

ヘルタースケルター」公式HP↓

http://hs-movie.com/index.html

« 梅雨の仕事 | トップページ | 足の爪がはがれた! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

安野モヨコも岡崎京子もマンガは面白いですね!
昨今のマンガ原作をやたら映画化しているのは
あまり好きじゃないのですが、
個人的に岡崎京子の「リバースエッジ」は
映画化して欲しいです。

「ヘルタースケルター」も観てみたいです〜shine
(あとマンガ物だと、園子温の「ヒミズ」も観たいですね〜)

eijicoroさん、おはようございます!
安野モヨコ、大好きです。
「働きマン」の残りのマンガもコミックス化してほしい。
安野さんは岡崎さんのアシスタントをしていたし、
明らかにその系譜の方ですね。
「リバーズエッジ」、再読してみます。

「ヘルタースケルター」見てください。
「ヒミズ」もいいですよ。原作は辛かったけど
映画は震災後だけに、少し明るく終わってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/46316552

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヘルタースケルター」見に行きます:

« 梅雨の仕事 | トップページ | 足の爪がはがれた! »