2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 早池峰神楽が切手になった! | トップページ | また広報やります。(やれやれ) »

映画「恋の罪」は女!女!女!

11月16日(水)レディースデー
渋谷へ映画「恋の罪」(園子温 監督)を見に行ってきました。

Photo
心霊写真じゃないよ。映画館の上映シアター1前にあったポスター。
3人の女優さんの直筆サイン入り。さすが渋谷ね。
でも携帯であわてて撮ったからこんなよ。
映画館は渋谷からちょっと歩くけど、映画の日(1000円)のせいもあってか、混んでました〜。玄人好みの映画らしく、キネ旬を読んでそうな男性多し。
Photo_2
映画館入り口で、チラシをパチリ。冨樫真さん(真ん中)怖いですね〜。
彼女のこの顔に惹かれてみたようなもの。「愛のむきだし」の園監督だし!
映画は・・・渋谷区円山町で起きた「東電OL殺人事件」に想を得て、「女の子」じゃなくて「女」の映画を撮りたい!という監督の想いが結晶化した大傑作。脚本も園監督。(R18+)

「恋の罪」公式HP→http://www.koi-tumi.com/index.html

もう女優たちに拍手拍手!身体をしっかり張って、とことんやってくれます。
もう、これが舞台だったら声を掛けたくなるくらい、すんごいの。
やっぱり女優さんは、脱ぐべき時は脱ぎ、するべきシーンはキチッとしてほしいの。
それが仕事でしょ?

水野美紀、冨樫真、神楽坂恵演ずる、3人のエリート女性たちが見た地獄とは?
いずみ役の神楽坂さんが、貞淑な小説家の妻からどんどん堕ちてゆく様が、見所。
どんどんどんどん崖っぷちまで行ってしまうのに、逆に表情は明るく生き生きとしてくる。
それが、今までの男目線の女性映画とは違う。この映画は園監督が「徹底的に女性目線」で描くことに心を配った、と語るだけあって、淫らな行為をこれでもかと見せつけるのに、その視線がいやらしくない。う〜ん、女性たちが可哀想じゃない感じ。潔い。自分で選んで「堕ちて」いるからか。
ダレるシーンが一つもなくて、言葉(セリフ)が、(詩人出身の園監督らしく)粒だっていて、ホラーみたいに怖くもあり、そしてユーモア。
あっという間に終わる!会場みんな興奮そして脱力〜っ。

「冷たい熱帯魚」を見逃しているけれど、「恋の罪」は、たぶん 園子温監督の最高傑作
とにかく、神楽坂恵を見よ!彼女が鏡の前で・・・ その肢体にクラクラ、ノックアウト〜。

実は東電OL殺人事件は、とても関心があって佐野眞一のルポも読んだし、桐野夏生の「グロテスク」も読んだ。最近久しぶりに裁判のニュースがあったし。
昼の顔と夜の顔。それを真逆に使い分けて生活していた東電OL。
誰だっていつもいつも24時間「真面目でいい人」は続けられない。特に女性は、なかなか社会的に羽目を外せないから、抑えているものも男性より多いはず。
(今は韓流とか、色々あるから少しは楽になったかもしれないが)

大きな会合が終わってやれやれ、と思ったら学校関係の行事が目白押し。

いい人」を続けるにも限界がある〜!

お母さんは辛い。
先生に色々注意されたり、それを子どもに伝えて、鬼のような言葉を返されるのも、全部お母さん。お母さん同士の会合では会話にも気を使うしで、
もう!キーって煮詰まっちまう。

いいお母さん」の仮面がペロペロとはがれちゃってんの。それを取り繕うのも気苦労気苦労。しんどいわ。

ほんとは今日は銀座へ知り合いのグループ展へ2件はしごしよか〜と思ってましたが・・・『だめだ!映画の日だ!今「恋の罪」見ないと息ができない!!
やはり、映画の舞台となった渋谷で見たい!

と宮下公園近くのヒューマントラストシネマ渋谷にて。映画を見終わって、渋谷の街を歩いたら、映画の女性たちの気持ちにちょっと近づけた気がした。

ヒューマントラストシネマ渋谷HP↓

http://www.ttcg.jp/human_shibuya/

「何かが足りない」
なんだか平凡な日常にイライラモヤモヤしている20代後半から40代くらいの女子に、オススメです。

ここまで「堕ちる」勇気は・・・ない

« 早池峰神楽が切手になった! | トップページ | また広報やります。(やれやれ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

う~ん 想像
 感情的で論理的な会議にならない危険性があるので
コトバを選ばざるを得ない
 互いに歯に物を詰めてるような言い回しになり
けん制し合ってしまう
 
映画も 観てないので判らんけど
 怖い~
きっと リアルなんでしょうね
 オイラ シャイだから無理だわ(。・w・。 )

カブさん、こんにちは。
男の人にとっては怖い、でも
ちゃんと女優たちが裸になっているので
その点は嬉しいでしょう。

「女はわからん」と思っている男子に
ぜひ!見てほしい映画です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/43037262

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「恋の罪」は女!女!女!:

« 早池峰神楽が切手になった! | トップページ | また広報やります。(やれやれ) »