2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« フェンネルは海草みたいに長〜いのだ | トップページ | ベルクは元気でした »

草刈用鎌〜鈴木先生〜読んでる本〜「郷愛」

7月16日(土)
暑い。一晩で肘あたりに6ヶ所も蚊にさされました〜。かゆいかゆい。
で、虫対策のために「虫こないアース あみ戸・窓ガラスに」を
網戸にくまなくシューッとやったら、虫がまったく来ないばかりか、
網戸にぶつかったカナブンがジジ!ジジ!と悲鳴をあげていたと思ったら

今朝ベランダで死んでしまいました!(南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏
殺虫剤って、怖!

先日群馬へ草刈りに行きました。
またまた腰が痛くなったばかりでなく、太ももの内側が筋肉痛です〜。

あわてて買ったMy鎌です。
My
切れ味抜群。稲刈りもできそう。

Photo 群馬・高崎の「食の駅」で買った、「梅酒」。150円!
子供の頃、大好物でした。お陰でお酒が強くなったのかしら?
2パック買い、1晩で1パック食べちゃいました。ガリガリ。
群馬は隠れた梅の里のようです。近所のスーパーで買った梅は全部群馬産でした。

最近夢中だった、ドラマと本を紹介します。
W
W鈴木先生です。めちゃめちゃ(娘と)ハマリました。
原作(作・武富健治)を読んでいなかったので、ドラマ1話を見たら、単行本1冊買うことにしました。
中学校・先生・生徒を題材にして、10代の性やコミュニケーションや選挙や嫉妬の感情などなど重い題材を次々と描いてゆく・・・それらに対して主人公がいちいち深く深く考えるのが、この漫画の最大の特徴。現代のスピードとは真逆にしっかりじっくりと問題を解決してゆくのが、新鮮で清々しい。
あまりにも真面目すぎてしつこくて重くて、ときどき昔の漫画のエッセンスも見えて、笑っちゃう。

漫画→現代にこんな(いい意味で)古くさい漫画(しかも面白い)があったなんて!
私は「黄色い涙」の永島慎二を思い出しました。
こんなマニアックな漫画をちゃんと連載して、ここまで作者に描かせた双葉社はエライ!
さすがです。
ドラマ→こちらも、70年代風の古い映画的映像で、ぐいぐいと引き込まれました。
中学生役の子役たちが素晴らしい。厳しいオーディションによって選ばれた精鋭たち。
「女王の教室」の子役たちが、皆見事な演技力を持って成長しているように、
「鈴木先生」の中学生役の子どもたちの成長も楽しみです。
主人公・鈴木先生役の長谷川博巳は、「セカンドバージョン」から、また大いに飛躍!
こんな風に舞台で実力をつけた俳優さんを、テレビでどんどん配役してほしいものです。

オープニング映像もカッコイイよ。

最近読んで面白かった本。
Photo_2              「世界屠畜紀行」内澤旬子著(角川文庫)
りろ書房で単行本(開放出版社)を何度も手に取って気になっていた本。
豚ちゃんの笑顔がキュートな表紙です。
作者は自身の乳癌闘病の日々を極めて冷静に書いた

身体のいいなり」(朝日新聞出版)で、とても強い方だな、と感じていましたが、この「世界屠畜紀行」は彼女の強靱さを見せつけられます。すごい。こんな仕事をボロボロの身体でこなしていたなんて!!

面白くて面白くて、連日の引っ越し作業のストレスもスーッと溶けていきました。

作者は、1993年モンゴルで体験したあっけらかんと羊の内臓をあらっている風景をきっかけとして、
『いつも肉を食べているのに「肉になるまで」のことをまるで考えたことがなかった。』
ことに気づき、世界の屠畜風景とそれに携わる人々の気持ちを、精密イラストと丁寧な取材で明らかにしてゆく。
彼女が出掛けた場所は韓国・バリ・エジプト・イスラム・チェコ・モンゴル・インド・沖縄・東京芝浦屠場・そしてアメリカ!

韓国の犬料理のくだりや、エジプトのラクダの屠畜のくだりも驚くが、なんといっても圧巻は東京芝浦屠場。日本の食肉業界がいかに丁寧に誠実に超絶技巧の職人技で豚肉や牛肉を扱っているか!全頭検査が、いかに果てしなく想像を超える作業であることが、これを読むとわかる。

BSE問題があってから、検査が厳しくなり、作業がますます細かくなっていった芝浦屠場。

また、放射能の問題が新たに浮上してきた今、現場の方々の苦労は想像を超えます。

私はモンゴルのくだりが、作者の気持ちに近い気がしたし、

私にとっても感じるものがあり、胸が震えました。

それについては、後日。

今はこの本をコツコツ読んでます。

Photo_3 こんな記録があったのに!

そして、私が今コツコツ編集しているのは

90

在京大迫人会記念誌「郷愛」。これは90年記念号。そして今編集しているのは95周年記念号!岩手では一関に次いで歴史の古さを誇るふるさと会です。

花巻市に合併して、ちょっと元気がなくなってきたふるさと・大迫(おおはさま)。

霊峰・早池峰山。ユネスコの文化遺産に登録された早池峰神楽。ワイン。ひな祭り。そして、あんどん祭り。わがふるさとが再び元気になれるよう、微力ながら、お手伝いしています。

これが、わたしにとっての「がんばれ、東北!」です。

みなさんの原稿が続々と集まってきて、思ったより大変!

私自身の原稿もまだだし〜。トホホ・・・

« フェンネルは海草みたいに長〜いのだ | トップページ | ベルクは元気でした »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

草刈り ご苦労様です
暑さだけで 参ってしまいますよね
さて 何で 草刈り? (。・w・。 )
「頑張れ 東北」自分の仕事を通じて微力ながらも応援をさせていただいてます。
入ってくる情報を朝、夕の打ち合わせなどで近況はこうなんだよって周知したり、仕事仲間も数人、変わり番こで東北に出向したり、自分の10ℓタンク宮城県のどっかで活用されてるのかな~? 現地の人は たった今も ご苦労されてることを 忘れがちになります
地震は天災 原発は人災 目を覚ませ国民!

カブさん、こんにちは。
草刈りって、普段使わない部分を沢山使うんですね。あぁ、農作業全般にいえることかも。
自分のひよわさ加減を思い知らされました。

群馬は親戚が。

ありがとうございます。カブさんは北海道から東北を直に応援してくれているんですね。
ありがとう。感謝です。

こんにちは。
草刈りご苦労様です。
この暑い時期の草刈りは大変でしょう。
私も畑や庭の草刈りで足腰に筋肉痛が・・・痛いweep

里山のプーさんさん、こんにちは。
はい!草刈り大変でした。
暑い時期は早起きして5時くらいから
するのが常ですが、今回は9時開始だったので
しんどかったです。

里山家も草刈りで、筋肉痛ですか〜。
農作業って、下半身にきますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/40832931

この記事へのトラックバック一覧です: 草刈用鎌〜鈴木先生〜読んでる本〜「郷愛」:

» 乳がん(乳癌)の症状 [乳がん 治療法]
乳ガンを克服したい方必見 乳がんは女性特有のがんの一種で、日本では約20人に1人の割合でかかるがんですが 早期発見することが可能で、がんの中では治る率が高いがんです。 早期治療を行うために、乳がんの症状や自己検診の方法などを知っておくことが重要です。 セルフチェックと、定期的な専門家による検診を受けて早期発見の機会を失わないようにしましょう。... [続きを読む]

« フェンネルは海草みたいに長〜いのだ | トップページ | ベルクは元気でした »