2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 三陸をテーマに消しゴムはんこを作るぞ!〜2〜鎌倉へ1 | トップページ | 鎌倉へ2 »

東北沿岸海の物はんこが完成しました。

5月5日(こどもの日
昔から思ってました。なぜ5月5日はお休みで、3月3日はお休みじゃないのか?

5月4日の朝食です。

Photo
おかゆ・・・のための準備です。右端の木のレンゲは、鎌倉土産。
様々なおかゆの友を並べました。一番左の筍のお漬け物も鶴岡八幡宮の側で購入。

Photo_2 午後、ダンナさんがスーパーで「吉次」(キチジ)を買ってきてくれました。
宮城の沿岸部で捕れる、脂がのった美味しい魚です。
消しゴムはんこの参考にもなるので、写真を撮りました。
Photo_3
開きになってます。大きい!居酒屋さんでたのむと、5000円くらいするよ、だって!
Photo_4 今晩のメインは、もちろんキチジ。だいこんおろしと一緒にいただきます。
んま〜!特に骨のまわりが濃い味〜。かつて陸前高田の居酒屋さんでいただいた新鮮な魚の味を思い出しました。
デカイので1尾を3人でいただきました。
ちなみに魚を焼いてくれたのはダンナさまです。(上手!)

夕飯後、「徹子の部屋」(ゲスト細野晴臣)〜を録画したのを流しながら、
消しゴムはんこの続きです。

Photo_5
                 サンマが完成しました。

Photo_6
サンマとキチジが完成したので、ためし押しです。
一番下が最初。押しながら様子を見て、ちょっとずつ微調整してゆきます。
上に行くにしたがって、きれいになっていくのが、わかるかしら?
キチジは赤い魚なので、朱肉を使いました。

Photo_7
東北沿岸海の物消しゴムはんこが(一応)完成しました。
被災地復興への願いを込めて、これをお手紙などにペタペタと押してゆきたいと思います。
この消しゴムはんこへのご感想、リクエストなどありましたら、どんどんお寄せください。

« 三陸をテーマに消しゴムはんこを作るぞ!〜2〜鎌倉へ1 | トップページ | 鎌倉へ2 »

イラストレーションを描く」カテゴリの記事

コメント

消しゴムはんこ、あったかみがありますね。三陸が一日も早く立ち直ることを願ってます。新鮮なホヤが食べたい。

うわぁ~えぇ感じやねぇ~happy01
ほのぼのします♪
「キチジ」という魚、初めて知りました!
私が知らないだけかもしれませんが・・・
関西には売ってないような気がします^^;
私のつぶやきにも来てくれるコヨコヨさんって方と
先日「ホヤ」の話題が出ました!
これも初めて知ったもので・・・
地域によって違うもんですねぇ^^

多摩散歩人さん、こんにちは。
ほめていただき、うれしいです〜。
ホヤがお好きとは!通ですね。
「海のパイナップル」だし、ホヤもはんこ化に
挑戦してみようかな?

kakoさん、こんにちは。
いや〜、見て頂いてうれしいです〜。
吉次(きちじ)はキンキのことらしいです。
吉次っていうと、なんか頑固者のお祖父ちゃんって感じでいいでしょ?
煮付けも美味しいらしいですよ。

「ホヤ」。実は私は昔から苦手ですが、多摩散歩人さんがお好きなので、彫ってみます。

私も 吉次ははじめて聞きました。
キンキ(金目鯛)ですよね・・・
煮つけもサイコーに美味しいですねlovely
高くてなかなか手が出ませんがcoldsweats01
消しゴムはんこも素敵です。
みみりんさん ホントに器用ですsign01

音姫さん、こんにちは。
そうそう、キンキよ。
たまにはこういうお魚もいいわね。

消しゴムはんこ、ほめていただき、
ありがとうございます。
もういくつか彫ってみますね。

こんにちは。
すごく素敵なハンコですね。
いろんなとこに押して使ってくださいね。
こんな素敵なハンコを作るみみりんさんもすごいですnote

里山のプーさんさん、こんにちは。
ハンコ、ほめていただき、うれしいです。

ありがとうございます!!
里山家のお料理やパンも、いつも感動してますよ。

多摩のスーパーって、ずいぶんめずらしい魚売ってるんですね。
消しゴムはんこ、いいですね、食べ終わったあとのサンマとかも面白いかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/39866634

この記事へのトラックバック一覧です: 東北沿岸海の物はんこが完成しました。:

« 三陸をテーマに消しゴムはんこを作るぞ!〜2〜鎌倉へ1 | トップページ | 鎌倉へ2 »