2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 「未来ちゃん」川島小鳥写真集は可愛くてたまらない! | トップページ | やまなしの葉です »

我が家の食事〜ビフォア〜アフター

3月27日(日)
カメラが戻ったので、色々と写真を載せています。
地震が起きる前、我が家は「鍋ブーム」でした。
週に3日は鍋!だったんです。

おでんです。
私はおでんの具では、しらたきが大好き!
父がよくお土産で買ってきてくれた、盛岡の居酒屋さんのおでんには、

このかたまりのしらたきが入っていたので。
もちろん群馬のしらたきです。
Photo
私が考案した「白毛女鍋」。

Photo_2

中国のミュージカル「白毛女」をイメージして、白い物だけでまとめたお鍋です。
でも、調べたら「白毛女」は、文化大革命を象徴したミュージカルだそうで、イメージはよくありません。その主題曲がかつて「NHKラジオ中国語講座」のテーマ曲に採用されていたので、よく聴いていたのです。(別に中国語を勉強をしていたわけではなく、単に中国語の響きを次兄と一緒に楽しんでいた。)

スープはモランボンの「コムタンクッパ」がベースです。

入っているのは鶏挽肉団子(ちゃんと作ります)・えび・白菜・えのき・春雨・白滝、そして温麺です。あっさりスープにレモンも搾って入れました。

温麺は短くて鍋に適しているかな?と思って入れてみました。

Photo_3

これは近所のスーパーによく出回っているもの。宮城県白石の名産です。

やはり今は地震で出回っていません。

白石温麺組合のHP→http://www.shiroishi-umen.com/top.html

つりがね印のきちみ製麺さんのHP↓

http://www.tsurigane.com/

さて、このお鍋のお味は?

ちょっと、具のバランスがいまいちで???でした。

そして、地震後のある日の昼食です。

Photo_4

日本が誇る日清カップヌードル。40周年記念カップ。

0がやかんに!

豆皿が蓋に丁度良くてビックリ!旦那さんがやってくれました。

ありがたいです。カップ麺の中では、やはりこれが1番。

でも昔より味がちょい辛めというか濃くなった気がします。

あ!カップヌードルは、たまにですよ〜、食べるのは。

« 「未来ちゃん」川島小鳥写真集は可愛くてたまらない! | トップページ | やまなしの葉です »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
おでん美味しそうですね。
我が家では、おでんのような(?)大根煮物と言う煮物を冬じゅう作って食べています。
中身は大根・人参・サトイモ・夕顔・厚揚げ・昆布・さつま揚げ等秋に収穫した野菜と海の物のコラボで作っていますよ。

里山のプーさんさん、こんにちは!
大根煮物、おいしそうですね。
根菜と夕顔・・・。夕顔は実家でよく食べます。知り合いからよくいただくようで、私も1本の半分いただいたりしました。
今度その大根煮物を作ったら、見せてください。海の物は何を入れるのか、気になるので。

群馬のしらたきおいしそうですね。
鍋、イイですよね。happy01

日清カップヌードルに入っている
四角い肉は昔の方が好きです。crying

日清カップヌードルは苦手です。
袋めんの方が好きです。
カップめんなら、やっぱりどん兵衛です。

白滝!!結んである白滝を愛用しています。
catfaceうちでは入れてなかったんですけど、
お友達の家でご馳走になった時に
初めて食べて、やみつきになりましたheart04
でもね、一番好きなのは「ちくわ」
今品薄...しょぼんsweat02

eijicoroさん、こんにちは。
そうそう、昔はお肉が四角かったですよ〜。
味もチキンラーメンに近かったし。

かまちゃんさん、こんにちは。
我が家は普段は袋のラーメンですよ。

日清どん兵衛も美味しいですね。
年末になると食べたくなります。

紅葉さん、こんにちは。
白滝は結んであるのが便利ですよね。
切ったりしなくていいし。

竹輪!偶然今日スーパーで買いました。
(品薄になるかも!?)
おでんより、よく給食に出てきた
「竹輪の磯辺揚げ」が好きです〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/39383067

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の食事〜ビフォア〜アフター:

« 「未来ちゃん」川島小鳥写真集は可愛くてたまらない! | トップページ | やまなしの葉です »