2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« ブリのあらの「ブリ大根」は、コラーゲンたっぷり | トップページ | バベルの塔をつくる−11ー2 »

バベルの塔をつくる−11

1月21日(金)料理番組の日(なんでや)
洗濯機が無事に直って、毎日普通にお洗濯ができて、快適です。
人でも物でも、亡くなったり、使えなくなったりして、初めてそのありがたさに気づくのですね。
父が亡くなって、しばらくたちますが、このごろ父が言いたかったこととか、願いとかが、やっとわかってきました。子どもが大きくなってきて、気づかされることが多いのです。
悪い娘でしたね。

さて、性懲りもなく「バベルの塔」。
昨夜ついに「空」が完成しました。

121
清々しい気分です。バックが落ち着いてゆくにしたがって、塔本体がググッと前に出てくる感じがしませんか。
121_2
ベートーヴェンの「田園交響曲」をかけながら、やっていました。大好きな曲です。
もちろん名曲ですが、この曲は2度アニメーションに使われています。
ディズニーの「ファンタジア」と、「セロ弾きのゴーシュ」です。
どちらも、曲と映像がぴったり合っていて、感動しました。映像が浮かぶ、ドラマチックな曲なんですね。
そのせいか、パズルがすっすっとはまり、まるで「誰かにやらされているような」感覚でした。
ドヴォルザークの「新世界より」も、BGMにぴったりです。こちらは「遠き山に日は落ちて」の原曲になったテーマが好きです。こちらも、ドラマチックで大好きな曲です。
しかし、「新世界より」の方は、あまり好きな演奏ではありません。おすすめの指揮者プラス交響楽団は、どれがいいでしょう?どなたかおすすめがありましたら、教えてください。

121_3 他に、左の建物。建物と建物の間のグリーンの部分のピースが、なかなか見つからなかったのですが、パチッとはまった時は、じんわり嬉しかったです。
121_4
仮小屋です。どの家も丁寧に描かれています。その根気がすごい。
121_5 右側の、海岸線にそって建てられているお城らしきもの。左側にいる王様(ヘロデ王か)がお住まいなのでしょうか。
121_6 船着き場も、つながってきました。大変細かく描かれています。
どんな場面もゆるがせにしない、というブリューゲルの執念のようなものを感じます。

« ブリのあらの「ブリ大根」は、コラーゲンたっぷり | トップページ | バベルの塔をつくる−11ー2 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

今年の抱負は、ズバリなんですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/38553973

この記事へのトラックバック一覧です: バベルの塔をつくる−11:

« ブリのあらの「ブリ大根」は、コラーゲンたっぷり | トップページ | バベルの塔をつくる−11ー2 »