2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« バベルの塔をつくる−10 | トップページ | バベルの塔をつくる−11 »

ブリのあらの「ブリ大根」は、コラーゲンたっぷり

1月19日(水)
洗濯機修理は無事に終わりました・・・
原因は子どもの髪ゴム!
それが、水をためる時に閉じるふたにかんでいて、ふたができず、水がジャージャー流れる状態になっていたそうな。
Cocolog_oekaki_2011_01_20_00_00
こいつのおかげで、約1日棒にふるわ、1万円とられるわ!
みなさん、細かい物は、洗濯前に要チェック!

↑「犯人」と、書こうとしたの。わかった?

ところで、今晩は「ブリのあらを使ったブリ大根」。
いやー、美味しかった。(写真はありません)

Cocolog_oekaki_2011_01_20_00_13
あらって、どう調理したらいいのかしら?
ってお困りのあなた!私でもできました。
塩水に30分あらをつける。→熱湯にくぐらせる。(霜降り)全体が白くなったら、ざるにあげ、血合いなどの汚れを流水で洗う。
以上の下処理さえ、しっかりすれば、普通にブリ大根と同じように調理できるのです。
そして!あらは、「あらあらコラーゲンたっぷりよ!
昨日作って冷蔵庫に入れておいたら、なんと煮汁がプルプルのゼリー。
家族全員が笑顔の「ブリのあらのブリ大根」、召し上がれ〜。

参考にしたレシピは→「まさっちのレシピ」〜ぶりアラ大根

http://cookpad.com/recipe/501251

« バベルの塔をつくる−10 | トップページ | バベルの塔をつくる−11 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

髪ゴム!w( ̄Д ̄ w
そんなものでも詰まってしまうんですね…
恐ろしや…

ヨライダさん、こんにちは。
そうなんですよ!原因を知って脱力しました〜。
「神は細部に宿る」じゃなくて、
「洗濯機は細かい物が詰まって止まる」
でした。

ぶり大根
我が家でも冬の定番の一品!
おいしいよね~
かんぱちでもいけるよね☆

時間が経って、冷えたぶり大根の器
ゼリーや寒天のように固まった煮汁が
コラーゲン満点だぜ!の主張するする(笑)!


家族の体調が戻ったら まず作ろう!と決意の冬の朝
肝心の作り手、いまだげりぴーだがcrying

ちさん、こんにちは。
ちさんは、まだ体調がいまいちなんですね。

冷えたぶり大根の煮汁(ぷるぷるゼリー)を、熱々御飯に乗っけて食べる!
至福ですね〜。
かんぱちもやってみます。

元気になったら、ぜひ!

(=´Д`=)ゞあひゃひゃひゃsweat01

ちろりじろり、を短縮して
ちろ
と、よく表記するのだが

ししししまったあああーーー


までぬいてしまったあああーーーー

うっかりミスです
ちろりじろりにございまするうう

多分わかってくださってますよね


こんなうっかり続けてたら
そのうち 名前「   」(空欄)で送っちゃいそうだ
(;;;´Д`)ゝ

ごめんちゃい(人><。)

つうことで 名無しコメントがきたときは
あっしからっつうことで(コラ!!)

もちろん、わかってますよ〜。
大丈夫大丈夫。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/38535664

この記事へのトラックバック一覧です: ブリのあらの「ブリ大根」は、コラーゲンたっぷり:

« バベルの塔をつくる−10 | トップページ | バベルの塔をつくる−11 »