2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« バベルの塔をつくる−5 | トップページ | どんど焼きで、火の恐ろしさを実感する »

日本の朝食で、旅館気分?

1月8日(土)
年末、正月と、帰省も旅行もしなかったので、「日本の朝食」を作って、せめてもの気分を出してみました。

Photo_2

御飯・豆腐と油揚げの味噌汁・納豆・だし巻き卵・海苔・チリ産の甘塩サケ大根おろし添え・大根の皮と葉とごぼうのきんぴら・大根と豚肉の炒め煮です!

味噌汁には力を入れました。鰹節でしっかり出汁をとって、1センチ角の油揚げと、5ミリ角の絹ごし豆腐。味噌は信州と岡崎の合わせ味噌。昆布を後から入れてコクをだし、ヨーグルトもこしていれました。

出し巻き卵も初めて成功しました!(「てっぱん」のおばあちゃんのおかげです)

設定は箱根の旅館なので、

「昨日の駅伝すごかったね〜。柏原くん!」

なんて、架空の会話もしたりして。

家族も大満足の朝食でした。たまには、こういうのもいいですね。

食べ終わってドラマ「てっぱん」をつけたら、なんと駅伝!

なんとまぁ、シンクロしちゃいました。やっぱりNHK連ドラには縁を感じます。

そしてお昼。しじみラーメンをパートナーさんが作ってくれましたが、2人前を3人で食べたので、ちと物足りない・・・(とってもおいしかったけど!)

で、フレンチトーストを久しぶりに作ってみました。

Photo_3

6枚きりの食パンを使ったので、厚くて美味しくできました。

6枚切りの食パン(Pascoの超熟)を1枚4等分に切る。

牛乳と卵にひたして、たっぷりのバター(無塩)で焼く。

6枚切りは厚いので、小さい火でじっくり中まで火を通す。

最後にシナモンとメープルシロップなどお好みで。

実は母が得意で、たまに作ってくれた、懐かしい味です。

母のは、牛乳だけで卵を入れないので、パンがベロベロでしたが、そのベロベロが美味しかったのです。

 

« バベルの塔をつくる−5 | トップページ | どんど焼きで、火の恐ろしさを実感する »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

朝から力の入ったお食事ですねhappy01
ホント旅館みたいjapanesetea 大変だったでしょうsweat01
ダンナ様のしじみラーメンもアップしてほしかったなぁ~noodle
フレンチトーストも・・・ごちそうさまでしたdelicious
なんだか 食べた気分になりましたhappy01

音姫さん、こんばんは。
そうですね〜。大変なのは・・・前の晩からしっかり出汁を多めに取っておくくらいかな?
その出汁は味噌汁と、一部卵焼きにも。
2品は、前の晩の余りでした。
ははは。

フレンチトーストは、幸せな気分になりますよ〜。

結構おなかがすいている中でみみりんさんの記事を拝見してしまったので、僕も何か食べようと思いますchick 素敵なご飯ですね!

eijicoroさん、こんにちは!
ほめていただき、うれしいです。
ココロが元気なくても、美味しいものを食べると、幸せになりますね〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/38391539

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の朝食で、旅館気分?:

« バベルの塔をつくる−5 | トップページ | どんど焼きで、火の恐ろしさを実感する »