2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« どんど焼きで、火の恐ろしさを実感する | トップページ | 大根3種、干してみました »

バベルの塔をつくる−6

1月10日(月)成人の日
午後2時過ぎ頃、消耗品とみかんを買いに駅前へ出かけたら、

成人式の後なのか、晴れ着姿の新成人たちが集まっていて、しばらく見とれてしまいました。
その中に、保育園時代からのママ友Oさんを見かけました。
声をかけたら、なんと2番目のお嬢さんが新成人!
Oさんのお隣に、綺麗な振り袖姿のお嬢さんが並んでいました。
おめでとうございます
うちの子も、ちゃんと迎えられるのかしら?
しっかりしなきゃ、とココロを引き締めました。

さて、みなさんご心配の「バベルの塔」ですが、ちょっとずつ進んでいます。

Photo               全体的に、こんな感じ。

少しずつ「絵」ができてきました。

娘もちょこちょこ気分転換に参加してくれて、刺激になります。

どの辺ができてきたかというと。
Photo_9

左はじの山の下、長い橋が完成しました。

Photo_3 右側の空。上方のグレーの雲が2段と、下方の白っぽい空が2段。殆ど違いが判らないので、手探りではめてゆきました。
建物は娘担当なので、彼女がはめた建物のピースと空の境界がパチッときまると、「おぉ〜!」と、うれしくなります。

Photo_10

真ん中下あたりの、船からおろされたばかりのレンガ。

さて、背景の絵は、遠方の描写になると、細かすぎて、まったく判読不可能になります。
で、図書館でブリューゲルの本を借りてきました。
Photo_5
        「ブリューゲル全作品」(森 洋子 編著/中央公論社)
ウッカリ、頭の上に落っこちたら即死しそうなほど大きくて重い本です
森さんの豊富な知識に裏付けられた、解説が素晴らしい。

「ネーデルランドのことわざ」では、ことわざについて、1つ1つ残さず教えてくれます。
そんな本ですが、「バベルの塔」の図版はどうなっているかというと、
Photo_6

ジグソーパズルの箱絵(下)と比べると、全体的に明るく、空の色が明らかに違います。
Photo_7 パズルの参考には、あまりなりませんでしたが、拡大した図版と、この絵に関する歴史的背景、当時の建設技術、ブリューゲルがイタリア旅行をしてコロシウム(円形劇場)を見て参考にしたことなどが、詳しく書かれていて、参考になりました。
Photo_8 1部拡大された図版。
左上→村の風景。
右上→アーチを作るための、木の枠組み。
左下→波止場。船が着いて、レンガなど資材が運ばれている様子。
右下→クレーン車。
[当時(1561〜1564年)最新式のもの。回し車の中に幾人かの男が入っていて、それを踏み、回す。ロープの先端にある重い荷物は、それによって引き上げられる、というメカニズム。]

ぐっと、ブリューゲルに近づけた気がします。

« どんど焼きで、火の恐ろしさを実感する | トップページ | 大根3種、干してみました »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/38417591

この記事へのトラックバック一覧です: バベルの塔をつくる−6:

« どんど焼きで、火の恐ろしさを実感する | トップページ | 大根3種、干してみました »