2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 桜坂を登って「幕末・明治の超絶技巧」展ー1 | トップページ | 嬉野温泉湯豆腐は、とろけます〜! »

「幕末・明治の超絶技巧 展」は、フィギアの原型師も見るべし

11月22日(月)
寒さに身体が追っつかず、ちょっとずつ衣類を増やしているところ。
六本木の泉屋博古館(せんおくはくこかん) 分館にて、12月12日まで公開されている、
「幕末・明治の超絶技巧 展」については、長々と言葉で説明するよりも、まずカタログの写真を見てほしい。

まずは、カタログの表紙にもなっている、この作品を御覧ください。

Photo

                    正阿弥勝義  「群鶏図香炉」

Photo_2                     正阿弥勝義 「柘榴に蝉飾器」

Photo_3 正阿弥勝義 「蓮葉に蛙皿」

Photo_4

 

                             正阿弥勝義 「蟷螂置物」

Photo_5

                    香川勝廣 「菊花図花瓶」

Photo_6

                      大島如雲 「鯉波置物」

そして

Photo_7

                    伝駒井 「名所図小箪笥」

« 桜坂を登って「幕末・明治の超絶技巧」展ー1 | トップページ | 嬉野温泉湯豆腐は、とろけます〜! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

写真を見るだけでも素晴らしいのがわかります。
我が家の方では中々見ることが出来ないと思います。
みみりんさんが羨ましい限りです。

里山のプーさんさん、ありがとうございます。
プーさんさんちは、どちらなのでしょう?もしかしてワインがとっても美味しいところでは?
プーさんさんちの豊かな食卓も、いつも羨ましく感じていますよ。
私は18まで岩手にいたので、都会への憧れがとても強かったのです。今になって故郷の良さがわかります。

里山のプーさんさん、ありがとうございます。
プーさんさんちは、どちらなのでしょう?もしかしてワインがとっても美味しいところでは?
プーさんさんちの豊かな食卓も、いつも羨ましく感じていますよ。
私は18まで岩手にいたので、都会への憧れがとても強かったのです。今になって故郷の良さがわかります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/37794914

この記事へのトラックバック一覧です: 「幕末・明治の超絶技巧 展」は、フィギアの原型師も見るべし:

« 桜坂を登って「幕末・明治の超絶技巧」展ー1 | トップページ | 嬉野温泉湯豆腐は、とろけます〜! »