2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「幕末・明治の超絶技巧 展」は、フィギアの原型師も見るべし | トップページ | 嬉野温泉湯豆腐は、おあげでも美味しい »

嬉野温泉湯豆腐は、とろけます〜!

11月29日(月)いい服の日。
昨日の「龍馬伝」見ましたか?壮絶な最期でしたね。
もう一度見たい。何度でも見たい、映画のような「大河」だったぜよ。

福岡にお住まいのY夫妻から、嬉しい嬉しい嬉野温泉湯豆腐セットが送られてきました。
「ためしてガッテン」でテーマが湯豆腐だったときにこの「湯豆腐」のとろとろした様子を知り、いつか食べてみたい・・・と、憧れていたお豆腐です。

Photo          豆腐がでかい!(2丁)このように立てても安定してます。
            佐賀ゆずこしょうと、佐賀有明産のり佃煮もうれしい。
           右の大きなペットボトル(1000ml)が温泉豆腐用調理水。
                   これにヒントがありそうです。
Photo_2 さて、湯豆腐スタート。調理水を入れた鍋があたたまったら、豆腐を投入!(豆乳だけにね)なんと!あらあら!豆腐が温泉の成分によって、みるみるとろとろと溶けていきます。
いただきま〜す!
ふわ〜とろ〜っと、濃いお豆の味が口いっぱいにひろがってゆきます。
これは初めての経験。このふわっとした感触は・・・
とろりとした湯葉をさらにとろけさせてかためたような・・・そのまんまか。
口の中が羽毛布団・・・というより雲の上にいるような感じ・・・

ロールケーキのフワフワ体験のさらにさらに上の「極上のふわふわ体験」とでも申しましょうか。
美味しかったです。ありがとうございます。Yさん。
とうふ屋ひらかわ
佐賀県武雄市北方町志久600-1
tel.0954-36-4332
HP→ http://www.saga-hirakawaya.jp/

« 「幕末・明治の超絶技巧 展」は、フィギアの原型師も見るべし | トップページ | 嬉野温泉湯豆腐は、おあげでも美味しい »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

以前食材で温泉湯どうふを取り寄せたことがありますが、あの「ファ~~」「とろっ!」は本当に美味しいですね。
至福のひと時だと思いました。

さっそくの感想ありがとうございます。
あの食感たまりませんよねぇ〜

おいしい蕎麦(送っていただいた)と豆腐で、至福の夕食を堪能しました♪ありがとうございました。

里山のプーさんさんも、温泉湯豆腐を体験しましたか。
おいしいですね。幸せですね。
この湯豆腐を発明した方はえらい!
お豆もえらい!

こんにちは!mameさん。
コメント嬉しいです。
湯豆腐ありがとうございました。
食べ物で感激したのって、久しぶりです。
幸せな体験でした。
もう1丁、いただくのを楽しみにしています。


龍馬伝、わしも見とったぜよー。(弥太郎調で)
ちょっと最後の息を引き取るまでが、間延びして残念だったぜよー。
弥太郎の屈折した友情は面白いが、変人になりすぎじゃったー。
史実と違うし、登場人物みんな力んでるし、ケチのつけどころはいっぱいだけど、若い人を引き込むためのドラマとしては、頑張っておったのう。これをきっかけに、歴史に興味を持ってもらいたいもんぜよー。
主題歌は、わしには最後まで「戻りまーせー、戻れるなら。戻りませ、戻れよー」と聞こえ、龍馬に助けを求め、魂を混沌とした現代に呼び戻す歌のように思えたぜよー。

かこちゃんさん、コメントありがとうございます。
龍馬伝、迫力ありましたね。
そうそう、最後のいいところで知事選のテロップが入って、「NHKは野暮じゃの〜」と、怒り爆発でした。
史実通りだと、暗〜い話になるので、面白い話にする為には、仕方ないかな、と。でも、龍馬の手紙とか、本当に面白いことを色々書いていて、興味深い。
漫画家の東村アキ子さんが「ダ・ヴィンチ」で書いていたけど、「現代だったら、龍馬はぜったいブログやってる。」
って。そんな感じがします。
テーマ曲、絶対日本語でしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/37885383

この記事へのトラックバック一覧です: 嬉野温泉湯豆腐は、とろけます〜!:

« 「幕末・明治の超絶技巧 展」は、フィギアの原型師も見るべし | トップページ | 嬉野温泉湯豆腐は、おあげでも美味しい »