2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« とみこはん!〜3 | トップページ | 「ベスト・キッド」はスカッとさわやか! »

とみこはん!〜4

9月2日(木)
東京は24日連続熱帯夜なそうで。なのに、デパートもファッションビルも夏のバーゲンが終わってもう秋物。ずれてるなぁ。あぁ、気候がずれてるのか。
shinerun
下北沢のギャラリー「GAoh!」にて「とみこはんの消しゴムはんこ展」の話でした。
ちょっと太めの女の子や(もしやご本人がモデル?)や野菜シリーズ、そして旅はんこ。
はんこの絵のわきにちょこっと言葉があるのが、アクセント。
あぁ、この表現懐かしい。そうかナンシー関さんか。ナンシーさんほど毒はないけれど、ナンシーさん初期の「丁稚シリーズ」を彷彿とさせる叙情性。嬉しくなった。とみこはんもみんなに言われてるんだろうな、「ナンシー関みたいだね」って。
と、思っていたら後でプロフィールを見て納得。とみこはんが消しゴムはんこを始めたきっかけが「ナンシー関の消しゴムはんこを見て」とありました。そうかそうか・・・

ナンシーさん、やっと後継者が現れましたよ〜!

ナンシー関さんが亡くなられた時、偉大な先輩を失ったような虚脱感に襲われました。
青森出身ということで同じ東北で、親しみも感じていました。
彼女の鋭い批評性は、誰も真似できない。とみこはんにはそんな毒気はありません。
でもナンシーさんの妹って感じがします。「あぁ、そうだよね〜」って、人々の潜在意識の底に眠っていた「発見」をつまみあげて、言葉にできる。これは才能です。センスです。

彼女と直接お話しして感じたのは、芸能人のマネージャーをしていただけあって、社交性と気配りと、根性です。彼女は狭いギャラリーの中、ずっと立って人と応対していました。穏やかに!私なんか、すぐ疲れるし、顔に出るし、彼女のようには到底できないでしょう。
たぶん人格者だし、業界人からも好かれているのでしょう。テレビで活躍している方々から、沢山の花が届いていました。
同じ玉川出身というだけで、親しくお話しして恥ずかしい。マトリョーシカの絵付けもしていて、嬉しくなりました。

Photo

1Fショップにてとみこはんの絵葉書購入。カステラ。

Photo_2 アジフライ。美味しそう!

とみこのはんこブログ「とみこはん」→http://tomikohan.cocolog-nifty.com/

« とみこはん!〜3 | トップページ | 「ベスト・キッド」はスカッとさわやか! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

カステラとアジフライ、どちらもいい味!
こんなにおいしそうに作れるなんて…!!
版画の良さも認識してしまいます。

アジフライ、なかなかでしょう!?
帰りにスーパーでアジフライを買いそうになりました。
版画、いいですよね。私も挑戦しようかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/36504467

この記事へのトラックバック一覧です: とみこはん!〜4:

« とみこはん!〜3 | トップページ | 「ベスト・キッド」はスカッとさわやか! »