2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« ChacottのB1Fはバレエパラダイス! | トップページ | 25メートル泳げないとダメなの? »

ミルク工房ボン・ディア「のむヨーグルト」は濃厚でなめらか〜!

8月24日(火)
連日の猛暑のせいで、イライラと怒りっぽくなっている自分がいます。
そんな時の気分転換はお買い物が1番!shine
というわけで、成城学園前の「成城石井」に行ってきました。
ここは成城ミセスに愛されている高級スーパーですが、私はあれやこれや買うほどのお大尽ではないので、ピンポイントでお買い物。
目的は成城石井ブレンドコーヒ−
これが、なかなか飲みやすくて、いいんです。値段も意外と手頃。(500g1050)
そして、ミルク工房ボン・ディアの「のむヨーグルト

Photo_4

実は我が故郷大迫町の名産品。いつもお世話になっているYさんにプレゼントしたところ、大好評!「生まれて1番美味しかった飲むヨーグルトです!」と。
食通の方にほめられると、俄然自信が湧いてきます。ありがとうございます、Yさん。
さて、成城石井では、どんな風に売っているかというと・・・
Photo_2
他の「飲むヨーグルト」たちと競合していて、なかなか頑張っています。
写真の右端に切れているのは、同じ製品のミニ。(150ml 136
どうか成城石井に寄ったら「のむヨーグルト」コーナーにて手に取ってみてください。
大は750ml 410。まずはミニサイズでお試しください。

お盆に故郷に帰って、久しぶりに陸上部仲間のTちゃん(ヨガ講師)とYちゃん(看護師)とお昼を食べました。リッチにワインハウス早池峰で。

大迫町とベルンドルフ市との友好都市関係は30数年にわたります。「ワインハウス早池峰」は、大迫特産のワインと、友好都市のワインをはじめとする文化を紹介する目的で昭和57年(1982年)6月オープンしました。お料理は、地元産の食材を中心とした本格欧風料理とステーキを中心に提供しております。(ワインハウス早池峰HPより)

実はこのレストランがある土地は、かつて祖父が始めたりんご園(七折農園)があった場所でもあります。
ワインハウスでは、ステーキも美味しいのですが、一応我々は体重が気になるのでスパゲッティにしました。大迫特産のフレッシュチーズがのっています。
ワインハウス早池峰→http://www11.ocn.ne.jp/~wein-h/wineh/
お腹が一杯になったので、我々3人はとことこと坂を下って、まずミルク工房ボンディアへ。
エーデルワインに勤務する兄が「今ボンディアのワインソフトが好評で・・・」と話していたので。ここは「のむヨーグルト」の他にソフトクリームが人気です。
ミルク工房ボン・ディアに関する食べログ
http://r.tabelog.com/iwate/A0302/A030201/3000860/
ワインソフト美味しかった〜。ミックスもなかなかです。
ボンディアでは、なんとなんと「のむヨーグルト750ml」がセールで「3本1000円」!

イケメンのお兄さんが売ってるではありませんか。なかなか普段は手が出ないのですが、即買いです。
「東京の高級スーパーにもありますよね。」と、お兄さんに声を掛けたら、
「あぁ、成城石井でしょう。あまり置いてくれなくてねぇ・・・」と、お兄さん。

東京に帰ったらなるたけ買います!と約束しました。情報通のYちゃんによると、イケメン彼氏は営業担当とか。

ボンディアでソフトを食べたら、もちろんお隣の岩手・大迫産直センターアスタへ。
ここは大迫特産の野菜や工芸品があって、とっても楽しいところ。とにかく安い!新鮮!

岩手・大迫産直センターアスタ→http://www.ohasama-asta.com/

ここのHPはしっかりしています。通販もしているし。おぉ、「加工品」を開いたら「のむヨーグルト」も買えますよ!→http://www.ohasama-asta.com/shop/7.html

産直でオススメなのは、「手作りチーズ早池峰醍醐」。

http://www.ohasama-asta.com/kakou/kakou.html

Iさんが研究に研究を重ねて、美味しい美味しいチーズができました。

今回私が大迫を発つ時、お嫁さんが私に持たせてくれた品です。感謝!

帰ってからワインと一緒にいただきました。くせがなくておいしい。燻製チーズが私はお気に入り。

さて、産直では白いゴーヤとかバッファローという小粒の葡萄とか珍しい食品もありましたが、1番感動したのは、これ!

Photo_3 布ぞうり編み台です。

4つのフックは、人の足の指(左右の親指と人差し指)の代わりです。

Photo_5

これを使えば、身体を使ってぞうりを作らなくてもいいのです!

布ぞうりには、前々から興味があってNHK「おしゃれ工房」の録画をしたり、テキストを買ったりはしていました。今勤めている施設には、裂織り(さきおり)用の裂布(さきぬの)が沢山あるので、それらを利用して作ってみたい・・・と。

う〜ん、9月いっぱいは木工パズル作りで忙しいので、それ以降かな?

この「布ぞうり編台」は、ログハウスも作っているKさんの作。とても器用な方で、仕上げも綺麗です。丁度産直のレジ当番が当のKさんだったので、話を聞くことができました。

私「このくっついている棒は何ですか?」

Kさん「ぞうりが編み上がって、紐を通す時に使うんだよ。」

なるほど!


« ChacottのB1Fはバレエパラダイス! | トップページ | 25メートル泳げないとダメなの? »

大迫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/36335053

この記事へのトラックバック一覧です: ミルク工房ボン・ディア「のむヨーグルト」は濃厚でなめらか〜!:

« ChacottのB1Fはバレエパラダイス! | トップページ | 25メートル泳げないとダメなの? »