2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 御褒美は「おはようひで次くん!」と「アラベスク」 | トップページ | 「池袋モンパルナス」で検索したら・・・ »

池袋は今アートが熱い!

7月25日(日)
昨晩は「河童展」の「河童巻パーティー」がありました。

私はこの日知人が来る予定だったので、昼過ぎにギャラリーに来ていました。彼女たちとゆっくりオシャベリした後、なんとなく夕方のパーティーまで時間があきました。
するとKさんが「わたしこれから『こうもり展』に行くの。今日が最終日なのよ。」
と、言うではありませんか!実は私の家族の小さい方がこのごろ「コウモリ好き」なことが判明したので、聞き捨てなりません。
というわけで、Kさんと一緒に「こうもり展」を開催中の「ポポタム」へ出掛けることになりました。「ポポタム」は、目白に近い場所にあります。池袋だと、芸術劇場の脇を通って、警察署や消防署の側を通って、住宅街に入ります。毎年池袋に来ていて、住宅街に入っていったのは初めてでした。みなさん緑の植栽が家屋を覆っていて、なかなか雰囲気があります。
あ!自由学園の建物が近くにあるようです。

やっと「ポポタム」へ着きました。「ポポタム」はカバが目印。だぶん「ヒポポタマス」からとったのでしょう。

Photo 色もうっすらして、控えめなかばくん。

ここでは、サブカル系の個性的な古本が置いてあったり、知的障害のある方の作品も展示即売してあったり、こけしが売ってあったり、なかなかです。

さて「蝙蝠展」。布に蝙蝠を描いて何枚も何枚も貼り付けていたり、コウモリの手拭いがあったり、コウモリのアクセサリーがあったり、モビールがあったり・・・。どこもこうもりです。コウモリって、こんなにキュートでしたっけ?「黄金バット」の「こうもりさん、こうもりさん・・・」っていう呪文や、イソップ物語のこうもりの話とか。それくらいの認識でした。

でも、近年「ハロウィン」が日本にも浸透してきて、その時期になるとカボチャや魔法使いのモチーフの他に「蝙蝠」グッズも世の中に出回るようになりました。この頃可愛がられているのかもしれません。

奥の部屋も蝙蝠でした。ポストカードに1枚1枚蝙蝠の絵を描いて繋げて天井からぶらさげてあったり、大きなバルーンのコウモリくんもど迫力でした。真ん中の台には、蝙蝠に関する絵本や「蝙蝠」という名の焼酎が置いてあったり、ここもコウモリです。

中でも家紋をデザインしているかたが、蝙蝠をモチーフにパキッとデザインしているのがなかなか格好良かったです。

さて、私は随分迷いましたが、蝙蝠の絵本とストラップをお土産に買いました。

残念!「蝙蝠展」は昨日が最終日。またいつか会えるでしょうか?

ポポタムのHPは→http://popotame.m78.com/shop/index.html

「蝙蝠展」の様子も載っています。

Kさんが、自由学園の明日館に立ち寄ってくれました。

Photo_2 Photo_3

土日祝日は結婚式(昨日も結婚式が!)があるので、見学は外観のみなそうです。

Photo_4

明日館は「みょうにちかん」と読みます。自由学園といえば羽仁吉一、もとこ夫妻

(亡くなった祖母が尊敬していました)。

この建物はフランク・ロイド・ライト氏の設計で有名です。

自由学園明日館のHPは→http://www.jiyu.jp/

東久留米の自由学園にも行ってみたいものです。

住宅街の途中でツタにモリモリと覆われたソテツ(?)の木を発見!

Photo_5

見事です。Kさんの話では前見た時はモダンな入り口と窓はなかったとのこと。

なかなかこだわり派の方がお住まいと睨みましたが。

そんな池袋散歩。もう一軒ギャラリーをのぞいたら、絵本の勉強をしている学生さんのグループでした。パソコンで動画も見せていただき、楽しいひととき。

(冷たいお茶までいただき、感激です!)

そのグループ展の作品と、動画(立体アニメ)はこちらのHPで↓

http://www.justmystage.com/home/utatane419/

本編の他に修正前の「ぶたいうら」編もあって、なかなかうまいです。

「私たちも『河童展』というのに出しているのよ」と、最期に宣伝。

今池袋は、ギャラリー巡りをしましょう!と、池袋内のギャラリーのマップを作って配っています。なかなかそれぞれのギャラリーとの交流も大変ですが、新たに作家さんと知り合えたり、出逢いがありそうです。

最期に芸術劇場前の広場へ。今は「フラフェスタ」を開催中。お店もたくさん出ています。私たちはタイのお店で「ヤング・ココナッツ・ドリンク」を注文。絞りたてのココナッツは、熱い身体をすーっと冷やしてくれました。マンゴスチンとマンゴーもちょっといただきました。甘!

ちなみにこちらはゲウチャイ タイそのものを食に変えるゲウチャイ(名刺)というお店の出店。こちらのHPは→http://www.keawjai.com/

なかなか美味しそう。豪華なタイ料理です。

さて、「河童巻パーティー」。作品を出した作家さんやそのお知り合いが入り交じって、もろきゅうや河童巻、河童クッキー、緑のチップスなどなど「河童」にちなんだ御馳走をいただきながら、わいわいやります。
お互いに顔を見るのは1年に1度の人もいるので、なかなか貴重な機会。

毎年変わらない雰囲気な方、どんどん元気になる方、様々です。私は?少しずつみなさんとお近づきになれた気がします。でも、たくさんの方のパーティーって、やはり苦手。

どういう配分で、人と話したらいいのかわからないのです。やはりせいぜい5,6人で飲むのがいいかな〜

« 御褒美は「おはようひで次くん!」と「アラベスク」 | トップページ | 「池袋モンパルナス」で検索したら・・・ »

グループ展」カテゴリの記事

コメント

あのお店ゲウチャイだったんだー!!!、そりーおいしいはずだ!ー。
高山先生のDVD(怪獣のあけぼの)ご覧になったんだー!?いいねー!

ゃーが抜けてました。

ゲウチャイって、すごそうですね。美味しそう!

wikiを見たら、たまたま高山さんのDVDの記事がありました。そこをクリックすると、DVDの内容が書かれてます(そこに、詳しく怪獣の名前が)。でも私は映像は見ていませんよ。
やはり、その道の方にとっては凄いお方なんですね、高山良策氏は。

ポポタムはかわいいお店ですよね。
フランク・ロイド・ライト氏とは!
自由学園は寄れなかったので、私もいつか訪れたいです。
アーティスト・ガーデンの開店の際の展示は確か
高山良策氏のものだったと思います。
ゲウチャイ、私も昔よく某所で出店していたのを
食べていた気がします。美味しかった。

リーゼさん、こんにちは。
ポポタムは、西荻窪の「プラサード書店」(1Fが「ホビット村」という自然食品の店)を思い出しました。ポポタムは、学生時代だったら、半日はいたでしょう。そして、月1は通っていたかも。居心地が良すぎます。

「河童展」開催中のアーティスト・ガーデン開廊(?)の際の展示が高山良策氏だったんですか。やはり縁があるのですね。

タイ料理、食べたくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/35886285

この記事へのトラックバック一覧です: 池袋は今アートが熱い!:

« 御褒美は「おはようひで次くん!」と「アラベスク」 | トップページ | 「池袋モンパルナス」で検索したら・・・ »