2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 映画「ソラニン」〜リバーサイドの青春ー2ー | トップページ | GWは「ゲゲゲの女房」で「Let's深大寺!」 »

映画「ソラニン」〜リバーサイドの青春ー3ー

5月2日(
大型連休に入った途端、いいお天気が続きます。(でも日焼けが心配!

コンビニに行く途中にスーパーEの裏を通ったら、従業員の方がバーベキューの鉄板をごしごし洗っていました。今の子たちはバーベキューの掃除もしないで帰れるのね〜、ラクチンだ。

近所の商店街の手芸店Dさんに、映画「ソラニン」について聞いてみました。

 私 :  『刺繍糸ください。ところで「ソラニン」という映画を見ました。
     お店の看板が映ってましたね!』

手芸店D
:『あぁ、なんかやってたね。朝掃除しようとして表に出たら、
     「引っ込んでてください!」って言われて中入っちゃったよ。』

う〜ん。手芸店Dさんにとっては、宮崎あおいが目の前で撮影していることよりも、「迷惑」な気持ちの方が強かったみたいです。映画に映っている店の写真を『「ソラニン」に出ています!』なんて店頭に貼ったりしないし。
それくらいこの辺の住人はテレビや映画のロケに使われるのが当たり前になっているのかもしれません。もったいないな〜。

映画は、多摩川をとても美しく描いいていて、ボートもよく出てきます。
種田と芽衣子がボートに乗るシーンがあり、色々言い合いになるうちに芽衣子が川に落っこちてしまいます。宮崎あおいは「川の匂いが1週間は取れなかった」と、どこかのインタビューで話していました。さすが大女優。その匂いは相当強烈だったことでしょう!

映画「NANA」「少年メリケンサック」と音楽づいてきて、「ソラニン」で晴れてギターと唄に挑戦した宮崎あおい。唄が超苦手だった彼女にとっては、また1つハードルを超えたのかもしれません。舞台で大竹しのぶと競演するらしいし、他の俳優さん方から大きな刺激をもらって、また新しい姿を見せてほしいです。

他の主な出演者のプロフィールを紹介します。(「ソラニン」パンフレットより抜粋)

種田役の高良健吾は1987年熊本県生まれ。

「ハリヨの夏」でデビュー。他に映画「ひゃくはち」「蛇にピアス」「禅 ZEN」「ハゲタカ」「蟹工船」「ボックス」などに出演。「ノルウェイの森」に出演予定。

ビリー役の桐谷健太は1980年生まれ。

ドラマ「九龍で会いましょう」でデビュー。映画「ゲロッパ!」「69sixty nine」、ドラマ「タイガー&ドラゴン」「クロサギ」「繋がれた明日」に出演。「GROW愚郎」で映画初主演。「クローズZERO」の辰川時生役の演技が絶賛され、ドラマ「ROOKIES ルーキーズ」で全国的な人気を博す。他に映画「パッチギ!LOVE&PEACE」「僕の彼女はサイボーグ」、ドラマ「JIN - 仁 -」「龍馬伝」と出演が続き、映画「オカンの嫁入り」に出演予定。

加藤賢一役の近藤洋一は、1977年生まれ、栃木県出身。

00年に山口隆(唄とギター)、木内泰史(ドラムスとコーラス)とサンボマスターを結成し、ベースとコーラスを担当。03にはオナニーマシーンとのスプリットアルバム「放課後の性春」でメジャーデビュー。その後オリジナル・アルバム、シングル等多数リリース。(私個人的にはテレビドラマ「電車男」のエンディングが素敵でした)

07年には自主イベント「世界ロック選抜」と称して、岡林信康、佐野元春、奥田民生、またMONGOL800や銀杏BOYZなど幅広く多くのミュージシャンとも対バンツアーを行う。そのファイナルでは、両国国技館にて当時発表していた楽曲55曲を約6時間かけて演奏するという前代未聞のライブに挑戦し、大盛況をおさめる。10年4月21日には5thアルバム「きみのためにつよくなりたい」がリリース。アルバムをひっさげワンマンツアーが行われる予定。

小谷アイ役の伊藤歩は、1980年生まれ。

映画「水の旅人ー侍KIDSー」でデビュー。16歳で出演した「スワロウテイル」の演技が絶賛され、第20回日本アカデミー賞で新人俳優賞・優秀助演女優賞をダブル受賞。その後「カンゾー先生」「のど自慢」「リリィ・シュシュのすべて」「さよなら、クロ」「ふくろう」「ホールドアップダウン」「呉清源 極みの棋譜」「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」TOKYO!「インテリアデザイン」』「ちゃんと伝える」など話題作に出演。10年も「花のあと」「BANDAGE バンデイジ」と出演作が続く。また、本作の共演がきっかけでサンボマスターの「世界をかえさせておくれよ」にゲストボーカルとして参加。

伊藤歩は「スワロウテイル」の頃から見ているけれど、不思議な女優さんです。特にすごい美人ってわけではないけれど、存在感があって、画面の中に彼女がいると、安心感があります。映画「のど自慢」で唄の上手い高校生の役が可愛かったです。

「ソラニン」では、心が傷ついた芽衣子を優しく受け止めていたし、恋人の近藤との関係もしっくりして、いい感じでした。

最後に、レコード会社の冴木隆太郎役のARATAが、非常にクールでした。

NHKドラマ「最後の戦犯」の演技は身につまされたし、映画「空気人形」は人形の彼女を優しく受け止めていたし、「20世紀少年」ではカルト集団に染まった危ない青年を演じていて凄みがありました。

ARATAは現在NHK土曜9時のドラマチェイス〜国税査察官」で、村雲(「カリブの手品師」)という、クールで複雑な役柄に挑んでいます。なかなか骨太のドラマで見逃せません。

映画ソラニンHP↓

http://solanin-movie.jp/

(了)

ぽちっとお願いします

↓↓↓

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 映画「ソラニン」〜リバーサイドの青春ー2ー | トップページ | GWは「ゲゲゲの女房」で「Let's深大寺!」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/34482812

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ソラニン」〜リバーサイドの青春ー3ー:

» 映画「ソラニン」を観た感想 [映画初日鑑賞妻]
★★★今回、宮崎あおいちゃんが歌を頑張った。すごく頑張ったんだなーと思った。やっぱりというか、そんなにうまくはなかったけど、芽衣子のキャラクターとしてはピッタリの歌い方だった。... [続きを読む]

« 映画「ソラニン」〜リバーサイドの青春ー2ー | トップページ | GWは「ゲゲゲの女房」で「Let's深大寺!」 »