2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

Kさん宅は「ポーの村」?!

5月28日(金)
慌ただしかった5月もそろそろ終わり。
GWや五月病やら色々大変ですが、5月はバラの季節でもあります。

先日、ご近所のKさん宅で「OPEN GARDEN」がありました。
あいにくの雨模様でしたが、雨露に濡れたバラたちは艶やかでした。
K
塀に這わせるように、白いバラたちが微笑んでいます
「いらっしゃい」と招いてくれるように

Kさんはガーデニング雑誌「BISES」にも取材されたことがある、バラのエキスパート。
昨年は、ご近所の園芸好きの方たちが集まって優雅なひとときでした。
K_2
ロマンチック!ため息がでます・・・
K_3
オールドローズでしょうか?
K_4
入ってすぐの、ベンチの上にもバラが!バラの絵も!
K_5
東屋の屋根全体にツルバラが。雨に霞んでモネの絵のよう・・・

バラは冬場の手入れが重要なそうで、Kさんはひょいひょいと高い所に登って剪定などをなさるとか。
バラは土作りも大変だし、病虫害対策もあるしで、なかなか手間がかかる花。
そんな日々の苦労が実を結んで、バラたちがいっせいに咲き誇る。
Kさんにとっては、喜びもひとしおでしょう。
招かれた私たちまで、幸せな気持ちになりました。ふ〜・・・

そんなKさんのお宅から帰って、私は封印していた漫画を一気読みしました。

勿論、「ポーの一族」。萩尾望都さんの漫画史に残る大傑作です。

Photo

主人公・エドガーが育った「ポーの村」は、バラであふれている。

バラのジャム、バラのスープ・・・どんな味でしょう。香りでしょう!

文藝別冊 総特集少女マンガ界の偉大なる母萩尾望都」↓

は、萩尾望都さんへのインタビューや御家族のお話などなど充実した内容です。

Photo_2 素敵な表紙でしょう!エドガーとアラン。

心がくさくさしたら、彼等に会いに行くといい。心の中がバラの香りで満ちてくるでしょう!

なんて、よしなしごとを書き綴れば、人は喜んでくれるでしょうか?

しばらくは「河童展」(グループ展)のため、ブログは控えめにしましょう。

あ!明日仙台へ行きます。そのご報告は後日!

「パーマネント野ばら」は、せつなさ100%!

5月24日(月)

「ソラニン」「アリス・イン・ワンダーランド」「川の底からこんにちは」そして「第9地区」と、
自分への御褒美映画週間(これが本当のGW!)もそろそろ終えて
仕事や家事に気持ちを切り替えようとしたら、情報通のEちゃんからお知らせが。
『「パーマネント野ばら」を観ませんか?』
Eちゃんのご友人がプロデュースした映画なそうです!

そうか。

西原理恵子原作、といえば「女の子ものがたり」(主演・深津絵里)が記憶に新しいところ。

この作品がけっこう良かっただけに、「同じような内容だったら、観たくないんだけどな〜。」とイマイチ食指が動かなかったんですが、

1,「朝日新聞」朝刊(5/11)沢木耕太郎の「銀の街から」の映画評にグッときたのと、

,菅野美穂が主演(「曲げられない女」が良かったし、彼女の高知弁が聞きたい)なのと、

3,脚本が奥寺佐渡子「お引っ越し」「サマーウォーズ」は私のお宝映画

なので、いそいそと初日(22日)に行って参りました。

新宿ピカデリーにて。舞台挨拶の回は売り切れsadだったので、14:10の回

原作:西原理恵子

監督:吉田大八(「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」)

ストーリー

高知県の小さな街が舞台。主人公のなおこ(菅野美穂)は離婚して一人娘を連れて実家に戻り、母親(夏木マリ)が1人で切り盛りしている美容院を手伝っている。美容院「パーマネント野ばら」は街に一軒だけの美容院。ここでは、日々女たちがあけすけな「恋バナ」に花を咲かせている。なおこの幼なじみたち(小池栄子・池脇千鶴)は男運が悪く、心も身体もいつも傷だらけだ。母・まさ子も再婚した夫(宇崎竜童)がふらふらしているので、始終イライラしている。なおこは、恋に傷ついた彼女たちに寄り添い、そっと受け止めながらも、高校教師カシマとの恋をゆっくり育てているようだ。

そんななおこにはある秘密があった。それは・・・

感想

高知の女たちの下ネタ連発に大笑い!あぁ、いいなぁこんな風に話せたら楽だろうな、と羨ましくなった。パンチパーマをすると、女は強くなるのだろうか?(私も心が弱ったらかけたい、パンチパーマ!)

高知の女は、強いけど男に弱い。あぁ、情が深いんだ。だから、簡単になびいちゃう。

どんな恋でもないよりましやき

みっちゃん(小池栄子)のセリフが深い。

どんなに傷ついても、転んでも男を愛し続ける女たち。そんな彼女たちをみつめる吉田監督の眼差しが優しい。「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」では、エキセントリックな女優(自称?)や鬱々とした妹、姉妹の戦い、達観した嫁など、女の嫌〜な部分を「よくぞここまで描いた!」と感心してしまった。

パーマネント野ばらに集う女性たちは、元気で賑やかだが、主人公・なおこがまとう空気だけが静謐でしんとしている。その対比が、この映画を陰影深いものにしている。

母・まさ子、なおこ、娘のももと女三代の物語を縦糸に、なおこの幼なじみたちの物語を横糸にして織りなす、女達のタペストリー。それは鮮やかな原色に血の色も混じっている。

高知という地は、魚も上手いし、おばちゃんが元気で温かい。ここでは、人間が本音で生きている。ドラマの激しさも、哀しさも、この海辺の土地がゆったりと包んでくれる気がする。

高知弁が温かい。

高知弁はクセになる。

さて、今晩は「鰹のたたき」かな?と思ったが、倹約して「なすの肉味噌炒め」にした。

ポチッとお願いします↓↓↓

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

第2回伊丹十三賞にタモリさん!

5月19日(水)
だんだん痛いほどの日差しが照りつける季節となりました。
(日焼けが怖い!この年になると)

ネットをつらつら眺めていたら「第2回伊丹十三賞にタモリ」の文字を見つけました。
「伊丹十三記念館」が開館した当時、宮本信子がテレビでこの賞を紹介してから、「伊丹十三賞」はどんな人が受賞するのか?と興味がありました。が、なんとなく忘れていたらいつのまにか第2回。
タモリの授賞理由はこのようにまとめられています。

            「テレビというメディアに
      『タモリ』としか名づけようのないメディアを持ち込み、
             独自の話芸と存在感を発揮する稀な才能に対して。
             なかでも『タモリ倶楽部』や『笑っていいとも!』は
      30年近くその才能を遺憾なく発揮し続ける
             ホームグラウンドとして高く評価したい。」


とても合点がいきました。

伊丹十三氏のように映画監督・文筆業・編集・俳優・絵画・料理など様々な分野にまたがって才能を発揮した方に肩を並べられる人はそうそういるものではないけれど、タモリなら納得がいきます。近年の「鉄道ブーム」も牽引しているし。

選考委員の1人周防正行氏の祝辞「タモリさんのような人はいない」に集約されていると思います。↓

http://www.1101.com/itami/ceremony/index.html

(「ほぼ日刊イトイ新聞」より」)

ところで、気になるのは第1回の受賞者です。

なんと糸井重里でした!

その受賞理由は

            「インターネットという参加型のメディアの
             可能性を大きく切り拓いた
             ほぼ日刊イトイ新聞は、
             "発見"の才能を様々な分野で発揮してきた
             糸井重里氏ならではの表現」

コピーライター(「おいしい生活。」など)で一世を風靡し、ゲーム、作詞など時代の波にいつも軽やかに乗っている(イメージ)の糸井重里。インターネットというメディアで彼の才能がいかんなく発揮された「ほぼ日刊イトイ新聞」。

氏の受賞も大いに納得です。糸井重里はこの受賞を機に「ほぼ日」で伊丹十三の世界を広く深く紹介しているようです(伊丹十三賞についても上記HPに記載有り)。

伊丹十三さんは天国でどんなにか喜んでいることでしょう。彼の業績にあらためて光があたり、1ファンとしても嬉しいことです。

「伊丹十三賞」がどんな賞なのかだんだんわかってきました。

歴史的な方では、・・・レオナルド・ダ・ヴィンチのような感じでしょうか。

チャップリンも多彩な方だけど、映画にすべて集約されていたから違うかな?

近い所では「AKB48」で再び脚光を浴びた秋元康が頭に浮かびますが、受賞したらちょっといやだな・・・。いしかわじゅんとか赤瀬川源平あたりなら嬉しいかもしれませんね。

私も堂島ロール!

5月15日(土)

私もついに「堂島ロール」デビューしたぜよ!

「マリィ・プリマヴェラさんの日記」↓(5/7,5/9)にて、噂の堂島ロールの写真を見てから

http://diary.marie-p.net/

羨ましくてしょうがなかった〜。するとどうでしょう。マリィさんから

「川崎ラゾーナで買えるらしいわよ!」と嬉しい情報が。happy02up

という訳で行ってきました、川崎ラゾーナへ。川崎ラゾーナはJR川崎駅改札を出てすぐ。

白くてゆったり開放的な空間にお馴染みのお店や人気のお店が仲良く共存。

ユニディやダイソー、スーパーSANWA、無印良品もあればゴディバやコーチ、ユナイテッドアローズもあったりして、心憎い店選び。さて、堂島ロールのお店「モンシュシュ」さんは2Fのルーファ広場に面していて、目立っていました。

モンシュしゅさん

正式名称は「Mon chouchou with TRAVEL CAFE」

(モンシュシュ ウィズ トラベルカフェ)。長いね。

堂島ロール販売時間

お店の前には販売時間が。

堂島ロールはとにかく並ぶ!並んでも買えない!という噂でしたが、ありがたいことに川崎ラゾーナでは携帯やパソコンで予約できるのです!それで私も2日前に1本予約して買いました。このシステムはストレスがなくてオススメ。

川崎ラゾーナ限定「堂島ロール」ネット予約↓

http://www.travelcafe.co.jp/dojima003/index.shtml

お店では皆さん予約した方が多いのか、長い行列もありません。

銀座や日本橋へ行くよりもここは買いやすいでしょう。

Photo

さて、いよいよ御対面!箱も格式がありますね。

なんでしょうこの迫力!ケーキというより建築物のような堂々たる姿。

Photo_2

思わず「はは〜っ」と、ひれ伏したくなりました。そしてパチパチ写真を撮りたくなる!

珍しいです、こんなお菓子。

いよいよ入刀!ふわ〜。意外と周りのスポンジはしっかりしていて真ん中のクリームをしっかり支えています。

クリームはマリィさんがおっしゃる通り、全然重たくなくて軽い軽い!ペロッといけちゃいます。

林真理子さんが週刊文春のエッセイ「夜ふけのなわとび」で

1人でロールの3分の1はいける」と書いてましたが、わかります。

美味しいですね〜。こわいですね〜。

手土産に必ず喜ばれるでしょう。宅配便ができないところも心憎いではありませんか!

ありがとう、マリィさん!おいしかったぜよ!

1本1200円はお得です、堂島ロール。いっぺんに幸せ気分heart02

川崎ラゾーナ↓

http://www.lazona-kawasaki.com/access/index.shtml

サボテンの花

サボテンの花
5月15日(土)
携帯から初めて送信してみました。
サボテンの花が咲きました!ラブリーでしょう?

ためしてガッテン!ー速読術ー

Cocolog_oekaki_2010_05_13_20_14
5月13日(木)
みなさん、連休明けで疲れていませんか?情報収集や自己啓発のために本や新聞をどんどん読みたいところですが、すぐ眠くなってしまい、情けない。

朝NHK「ためしてガッテン!速読術」の再放送が偶然始まったので、最後までお付き合いしました。(本放送の時は、大事な所で居眠りしてしまったので見逃していた・・・

速読術をマスターした方々がまず紹介されました。

なんと彼等は1分間に数千字以上読める!しかもちゃんと内容を理解している!

信じられますか?

実験の結果、その秘密が明らかにされました。

  • 文章を読んではいない
  • かたまりでパッと見る
  • イメージ化する

ついつい我々は知らず知らず本を「黙読」しているのだそうです。でも、速読術の達人たちは読むことはせず、瞬時に「イメージ化」して記憶にとどめている。だから物忘れ防止にもなる、というのです。
詳しいことは「ためしてガッテン!」のサイトを読んでいただくとして、
速読のお手軽トレーニングだけ御紹介します。
目標は10日間で2倍の速さで読めるようになる、ですが、早ければ3日で達成するとか。

トレーニングには新聞を使います。次の3つを毎日行います。

  1. 見出しをイメージする
  2. かたまりで小波読み
  3. コラムを30秒で読む

まず、見出しから記事の内容のイメージをふくらませてから読み始めます。
新聞は1行が短いので、かたまりで見る練習に最適。
次に小さな波を描くように目を動かす。下から上に上がるときに、できれば次の行に行ってしまう。下から上には音声化ができないので、つぶやくクセをなくす練習になります。
最後にコラムの30秒読み。1面のコラム(「天声人語」とか)を、30秒を目標に必ず時間を計って読む。
速さの負荷をかけることで、音声化をなるべく省いて瞬時にイメージする訓練になります。
番組では、3人の方にこのメニューを10日間試してもらったところ、3人とも見事に2倍以上の速さに達成しました。
「ためしてガッテン!」HP↓
http://cgi4.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20100407

「速読術」というと「斜め読み」のイメージがあり、「本当に内容がわかってるの?」と疑問でした。

でも、番組の実験で一般の方々より速読術の達人の方がむしろ内容を理解している、のにビックリ!
その秘密は「イメージ化」だとわかって納得でした。
「笑っていいとも!」でタモリが、ランダムな言葉を順番に(逆にも!)記憶する技を見たことがありますが、それも言葉と言葉を瞬時につなげて「ストーリー化」「文章化」して脳に定着していたので、「ガッテン!」のそれに近いと思います。
懐かしい「いい国作ろう鎌倉幕府」や「富士山麓オオム鳴く」など、日本人は歴史年表などの数字を「イメージ化」させて覚えるのが得意です。

速読もそれを思い出して「瞬時に行間を読む!」技を身につけたいものです。
でも、今私が読んでいる本でそれはできるでしょうか?

フロスト気質」R・D・ウィングフィールド著/芹澤 恵 訳/創元推理文庫

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%88%E6%B0%97%E8%B3%AA-%E4%B8%8A-%E5%89%B5%E5%85%83%E6%8E%A8%E7%90%86%E6%96%87%E5%BA%AB-M-%E3%82%A6/dp/448829104X

今上巻のまだ最初の方。事件が起きたばかりですが、主人公のフロスト警部の他に警察関係者が16(!)人も出てきます。記憶力に自信がない私はカバーに記された登場人物表をいちいちめくって確認します。

事件も同時にいくつも進行するので、情報整理が大変!(だから面白いんですけどね)

速読術の達人は、「フロスト警部シリーズ」も速読できちゃうんでしょうか?

映画「第9地区」は必見!

5月11日(火)
日曜日の「母の日」は、天国でした。
新宿で楽しい時間を過ごして。
新宿の目的はショッピングと映画「第9地区」を観ること!upwardright

・・・・・・・・・・・・・・・・

?????????
!!!!!!!!!

sign03

ドキュメンタリー?最後まで目が離せません。
こんな映画初めてです。ネタバレになるから、詳しいことは伝えられませんが。
う〜ん。
とにかく観てください。情報をなるべくシャットアウトして。

せめてポエム風に私の気持ちを綴ります。

・・・・・・・・・・・・・・

日曜日の新宿ピカデリーは親子で賑わっていた

たぶん彼等は「アリス・イン・ワンダーランド」を見に来たんだろうな

でも、「第9地区

3D映画「アリス・イン・ワンダーランド」よりも衝撃的体験

映画を初めて観たのは、たぶん5歳頃

盛岡で家族で観た「わんわん物語」

それからいつだって映画は友だち

高校時代、日曜日は1人で盛岡に出掛けて

2本立てを見たもの

いつだって映画は友だち

父が好きだったヒッチコックやチャップリン

「レベッカ」や「サイコ」はサイコー!

「キッズ」は泣けるし「モダンタイムス」は笑っちゃう

「七人の侍」や「サウンドオブミュージック」にやっと出逢えたのは

大人になってから

面白くて面白くて3回も見ちゃったよ

今だって映画は大好き

いつだって発見があるし共感はする

でもでもそんな次元とは違うんだよ

第9地区」は

あぁ、今まで生きてきてよかったな

今までたくさんの映画を見てきてよかったな

この映画を教えてもらって勧められて

新しい世界を知ることができたよ

世界中の大人たちにみてほしい映画

第9地区

舞台は南アフリカ共和国

今年ワールドカップサッカーが開催される地

ニールブロムカンプ監督は、その地で生まれた

ありがとうありがとう

この映画を作ってくれてありがとう

この作品に携わった人全員に

感謝の気持ちを伝えたい

「第9地区」オフィシャルサイトは↓

http://d-9.gaga.ne.jp/

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

「川の底からこんにちは」は最高の本音ムービー!ー3ー

5月8日(土)
明日は「母の日」。天国か、はたして地獄か。

「川の底からこんにちは」
監督:石井裕也(1983年生まれ。埼玉県出身)

大阪芸大の卒業制作として「剥き出しにっぽん」(2005年)を監督。この作品が、ぴあフィルムフェスティバル(PFF)2007年グランプリ&音楽賞(TOKYO FM賞)受賞。バンクーバー国際映画祭どらごんい&タイガー・ヤングシネマ・アワード出品。

その後、「反逆次郎の恋(89分/DV/2006)」、「ガール・スパークス(94分/DV/2007)」、「ばけもの模様(93分/HD/2007)」と立て続けに長編映画を制作。

第37回ロッテルダム国際映画祭および第32回香港国際映画祭にて、上記の長編映画4作品が特集上映され、「ばけもの模様」は香港国際映画祭アジアン・デジタル・アワードにノミネート。

さらに香港で開催されるアジアン・フィルム・アワードにて、アジアで最も期待される若手映画監督に贈られる第1回「エドワード・ヤン記念」アジア新人監督大賞を受賞。

その後受賞者対象として行われる企画コンペにて今回の第19回PFFスカラシップを獲得。

出演者
 木村佐和子 : 満島ひかり(みつしま ひかり
 新井健一  : 遠藤 雅(えんどう まさし)
 新井加代子 : 相原綺羅(あいはら きら)
 木村忠男  : 志賀廣太郎(しが こうたろう)
 木村信夫  : 岩松 了(いわまつ りょう)

ストーリー

主人公のOL佐和子は上京して5年。今の職場は5つ目。今の彼氏は5人目。彼氏はバツイチで連れ子がいる。万事、「しょうがない」ですまそうとする無気力な佐和子。父の病気のため、実家のしじみ工場を継ぐことになった。そこになぜか上司でありバツイチの彼氏と連れ子までついてくる。無気力な佐和子はしじみ工場のおばちゃんたちとうまくいくのだろうか?

石井監督。26歳の年齢を感じさせない、酸いも甘いも噛み分けた、というよりも全部まとめて飲み下したような「土臭い」映画だ。いまどきの「草食系」をあざ笑い、昨今の安易な漫画原作やテレビドラマを加工した作品ばかりが目立つ映画界への怒りも感じさせる。痛快である。

そして、これは不況や就職難の出口がなかなか見えない現代、「突破口はあるのか?」の問いへ監督が出した答えかもしれない。映画は前半主人公・佐和子のダメダメぶりをいやというほど見せつける。全体的な空気も淀んでいる。出口がまったく見えない佐和子。

しかし、否応なしに実家に帰らねばならない。そこから映画は動き出す。満島ひかりもギアチェンジする。この映画はかっこつけている人が1人も出てこないのが気持ちいい。きれいごとや表面だけの可愛さなんて殆ど無意味。剥き出しのまったなしの現実に身体ごとぶつからないと、本当の出口は見えないんだ、と笑いで見せつける。

はっきり言って下品。でも愛すべき人たち。見た後にこんなに痛快で元気になれたのは、久しぶり!満島ひかりの爆発的な演技は必見。お父さん役の志賀廣太郎は、声が抜群にいい。恋人の新井(遠藤雅)は編み物が趣味で「エコ」が口癖。そのぐずぐず振りが、いい。伯父役の岩松了は手堅い。なんといっても新井の連れ子・加代子役の相原綺羅ちゃん。彼女の演技は名作「禁じられた遊び」の少女を思い出す。石井監督に天才子役だと言われたのも頷ける。最後にしじみ工場のリーダー的存在のおばちゃん・塩田敏子役の稲川実代子が凄い。こういう面白い女優さんを、もっともっと見たい。

知ってる俳優さんがわずかでも、面白い映画はできる。この映画はそんないい見本でもある。

※監督プロフィール、キャストの配役等は

「川の底からこんにちは」パンフレットより抜粋しました。

(了)

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

「川の底からこんにちは」は最高の本音ムービー!ー2ー

5月8日(土)
一気に「暑!」な季節到来。あれ?春っていつだったんだろう。
毎年思うのですが、「爽やかな季節」って短いですね。

「連休がんばった自分への御褒美」に、渋谷ユーロスペースにて、映画を見に行った話。
映画「川の底からこんにちは」は、女優・満島ひかりを確認したくて行ったのですが、実は彼女のことはあまりよく知りませんでした。

初めて満島ひかりを知ったのはNHK連続テレビ小説「瞳」。

満島ひかりは主人公が通うダンススクールで出逢う友人・橋本純子 役。
ドラマでの満島ひかりの印象・・・

  • ダンスが上手い!さすが沖縄アクターズスクール出身!(Folderにも所属していた)
  • 演技が「素」っぽい。「こういう子、いそうだよね!」って思わせる説得力。
  • 顔が小さい。可愛い。

その後映画「プライド」や「クヒオ大佐」に出演、そして「愛のむきだし」で大躍進と、めきめき成長した満島ひかり。

いつのまに彼女はこんな女優になっていたのでしょう。

昨年(もう一歩踏み込めず)「愛のむきだし」を見逃してしまった自分への反省もあって、今どうしてもスクリーンで彼女を体感しておきたい!

私は渋谷へ走りました。

今ユーロスペースはQ-AXビルという、経営母体が異なるミニシアターが3つ同居する、「ミニシアターコンプレックス」に入っています。

Q-AXシアター↓

http://www.cinema-st.com/mini/m038.html

ユーロスペースの他に、渋谷シアターTSUTAYA, シネマヴェーラ渋谷と、いずれも個性の強い映画館。昨年夏に映画「チョコレートファイター」を渋谷シアターTSUTAYAで見たのですが、夜だったので円山町(ホテル街で有名)という場所に少々ビビリました。

でも、今回は昼なので平気。1Fのカフェで(暑かったので)生ビールとホットドッグを買って、3Fのユーロスペースへ。

13:50の回。お客さんは7割くらいでしょうか、「映画好き」の癖のある感じの方が多い印象。携帯電話の電源を切っていよいよ始まります!

ユーロスペース↓

http://www.eurospace.co.jp/

(つづく)

「川の底からこんにちは」は最高の本音ムービー!ー1ー

5月6日(木)
暑い!渋谷はユーロスペースにて映画「川の底からこんにちは」を
鑑賞してきました。
どうしても満島ひかりちゃんの「現在(いま)」を知りたかったので。
Photo

ユーロスペースは、今渋谷でも雰囲気のあるところにあります。

(つづく)

GWは「ゲゲゲの女房」で「Let's深大寺!」

5月4日(みどりの日
ゴールデンウィークも後半に入ってきました。みなさんお元気でお過ごしですか。

私は今回はのんびりをきめこみ、家の中のことをゴソゴソとやっております。
でも、1つだけ決めていたことがありました。

深大寺に行こう!」

5月1日(土)
「ゲゲゲの女房」では、茂が布美枝とサイクリングに出掛けます。向かった先は深大寺。

それで、私も早速家族1名を強引に誘って深大寺へ出掛けました。

でも、その前に隣接する神代植物園へ。今盛りなのは、藤の花。藤棚のトンネルが有名です。あいにく、花は満開ではありませんでしたが、トンネルの下はなかなか優雅な気持ちになります。また、棚にしつらえていない藤が見事に咲いていて、皆さん写真におさめていました。
Photo まさに「たわわ」という言葉がぴったり。

神代植物園の目的は食虫植物を見ることでしたが、1つも見あたらず、残念。
季節ではないのかしら。 
Photo_2 温室に行くと会えるのが楽しみな、タビビトノキ。

高さは3メートルはありそう。

Photo_3「温室の宝石」ヒスイカズラ。不思議な色でしょう?

フィリピン・ルソン島原産のマメ科のつる性植物。

この花は開花の時期には毎年ニュースで取り上げられます。↓

http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/100223/tky1002232052014-n1.htm

Photo_4 ラブリーなサボテン発見!

神代植物園は今、多肉植物とサボテンがたくさん展示していて、なかなか楽しい。

さて、神代植物園の裏手の涼しい雑木林を抜けて、深大寺門を出ると、そこは深大寺へ続く道。いよいよです。人も3倍くらいに膨れあがってきました。(スリーデーマーチの方々も)

まず、深大寺にお参りして、ゆっくり散策。名物のお蕎麦屋さんがいくつか店を並べています。他に団子屋さんお煎餅屋さんソフトクリームにお饅頭などなど、手軽に食べられる元祖ファストフードの店が並んでいて楽しい楽しい。

「あれ、なんかデジャブ・・・」と思ったら、食べ物の種類が川越(「つばさ」関連で行きました)の感じととてもよく似ています。

私の中でヒットしたのは、濡れせんべいと揚げ饅頭。

故郷で「葬式饅頭」を祖母が揚げたのをよく食べていたので、揚げ饅頭は懐かしかったです。小ぶりの饅頭(2個串焼き)なので食べやすいし。

さて、今回の目的は楽焼きの絵付けをすること。

絵付けは「深大寺窯」さんにて。まず好きな器を選びます。10種類くらいの絵の具がずらっと並んでいる机で、好きに絵を描きます。家族連れが多く、皆さん大騒ぎしながら絵を描いているのが楽しそう。一方、時間をかけてじっくり細密に描いているカップルもいました。

焼き上がりは20分ほど。持ち帰りができるのが、うれしい。

Photo_5 私は青1色で。

NHK連続テレビ小説の子役時代の1場面、のイメージ。

Photo_6 一緒に行った家族が描いた箸置き。様々な色がきれい。

絵付けのお代は買った器に含まれているので、2つでなんと500円!安いし、手軽で楽しい。

さて、一休みしてもう一つの目的地「鬼太郎茶屋」へ。

グッズ売り場が人でぎっしりいっぱい・・・

Photo_7 屋根の上のげたに注目!鬼太郎とねずみ男の前で、みなさん記念撮影していました。

鬼太郎茶屋には、「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくる妖怪にちなんだメニューがあって、話のタネになるかな・・・とも思ったのですが、今回は早く帰りたかったのでパスしました。

近いのでまたゆっくり訪れたいと思います。

お向かいの味噌せんべい屋さんが、地味だけどとてもおいしそうだったので、我が家用と職場用に求めました。由緒あるお煎餅なようで、オススメです。

Photo_12 ちょっと食べました。飽きない味です。

Photo_13 バスに乗るとき割れました。折り目が美しいでしょう?

近くで、懐かしいカルメ焼きの実演販売をしていました。

丸いお玉のような鍋にザラメを入れてかきまぜる→途中で重曹を入れる→再びかきまぜる→だんだん泡が立ってくる→火から降ろすとプワーッとふくらむのが面白い。

家族が夢中で見ていました。

あれ?カルメ焼きの前に今朝見てきたばかりの「ゲゲゲ」の1シーンが!

写真の上には赤い文字で紹介文がありました。

Photo_9

現在放映中のNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」で当店の赤駒が紹介されました。

異性の無事を願う、恋のお土産「深大寺赤駒」

縁結びのお寺「深大寺」のお土産にどうぞ

小 1200円/中 1500円/大 2500円

Photo_8なかなか素朴でいい物です。当然小1200円のを買って帰りました。

この赤駒、万葉集にも縁があって、歴史あるもののようです。

 赤駒を 山野に放し(はがし) 捕り(とり)かにて

      多摩の横山 歩(かし)ゆか遣(や)らむ

                                   万葉集巻第二十

武蔵国の椋はし部荒虫(くらはしべあらむし)が防人に招集されて 当時の国府(現在の府中市)に集合するよう命ぜられ至急 出発しなければならなくなったとき 妻の宇遅部黒女(うぢべのくろめ)が詠んだ歌

大意・・・招集されたとき 乗って行く筈だった赤駒(騎乗用の雄馬)を生憎 山の方へ放牧していたため どこへ行ってしまったか 探しても急には見付からず 多摩の横山(深大寺あたりを含む丘陵地帯ともいわれる)を通って行くのに とうとう徒立ち(からだち)で出発させることになってしまったワ・・・

(注)放し・・・・「放ち」の関東なまり/捕りかにて・・・捕らえ兼ねて(できずに)

       歩ゆか・・・徒で 歩いて/遣らむ・・・送りだすことよ

なおこの歌にちなんで深大寺近辺の農家の嫁は古くから藁で赤駒を作ったという

いまではこれを作る人は1人しかいないと聞いた

                      (深大寺まいり あめや 赤駒の説明文より

赤駒は深大寺「あめや」にてお買い求めください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

深大寺に行ってからすっかり「ゲゲゲの女房」に感化された私。

昨日の夕食はドラマを参考にした白菜きのこ鍋でした。それにご飯と焼き鯖の、昭和の食卓です。

Photo_10 昆布でだしをとって、白菜と様々なキノコを入れ、酒や塩、醤油で味を調えます。

近所の空地で野草を取ってきて、(布美枝の真似して)飾ってみました。

う〜ん、なんて単純なんでしょう!

Photo_11 野草もなかなかいいもんです。

ヒメオドリコソウ(赤い花)が可愛いでしょう?

 

映画「ソラニン」〜リバーサイドの青春ー3ー

5月2日(
大型連休に入った途端、いいお天気が続きます。(でも日焼けが心配!

コンビニに行く途中にスーパーEの裏を通ったら、従業員の方がバーベキューの鉄板をごしごし洗っていました。今の子たちはバーベキューの掃除もしないで帰れるのね〜、ラクチンだ。

近所の商店街の手芸店Dさんに、映画「ソラニン」について聞いてみました。

 私 :  『刺繍糸ください。ところで「ソラニン」という映画を見ました。
     お店の看板が映ってましたね!』

手芸店D
:『あぁ、なんかやってたね。朝掃除しようとして表に出たら、
     「引っ込んでてください!」って言われて中入っちゃったよ。』

う〜ん。手芸店Dさんにとっては、宮崎あおいが目の前で撮影していることよりも、「迷惑」な気持ちの方が強かったみたいです。映画に映っている店の写真を『「ソラニン」に出ています!』なんて店頭に貼ったりしないし。
それくらいこの辺の住人はテレビや映画のロケに使われるのが当たり前になっているのかもしれません。もったいないな〜。

映画は、多摩川をとても美しく描いいていて、ボートもよく出てきます。
種田と芽衣子がボートに乗るシーンがあり、色々言い合いになるうちに芽衣子が川に落っこちてしまいます。宮崎あおいは「川の匂いが1週間は取れなかった」と、どこかのインタビューで話していました。さすが大女優。その匂いは相当強烈だったことでしょう!

映画「NANA」「少年メリケンサック」と音楽づいてきて、「ソラニン」で晴れてギターと唄に挑戦した宮崎あおい。唄が超苦手だった彼女にとっては、また1つハードルを超えたのかもしれません。舞台で大竹しのぶと競演するらしいし、他の俳優さん方から大きな刺激をもらって、また新しい姿を見せてほしいです。

他の主な出演者のプロフィールを紹介します。(「ソラニン」パンフレットより抜粋)

種田役の高良健吾は1987年熊本県生まれ。

「ハリヨの夏」でデビュー。他に映画「ひゃくはち」「蛇にピアス」「禅 ZEN」「ハゲタカ」「蟹工船」「ボックス」などに出演。「ノルウェイの森」に出演予定。

ビリー役の桐谷健太は1980年生まれ。

ドラマ「九龍で会いましょう」でデビュー。映画「ゲロッパ!」「69sixty nine」、ドラマ「タイガー&ドラゴン」「クロサギ」「繋がれた明日」に出演。「GROW愚郎」で映画初主演。「クローズZERO」の辰川時生役の演技が絶賛され、ドラマ「ROOKIES ルーキーズ」で全国的な人気を博す。他に映画「パッチギ!LOVE&PEACE」「僕の彼女はサイボーグ」、ドラマ「JIN - 仁 -」「龍馬伝」と出演が続き、映画「オカンの嫁入り」に出演予定。

加藤賢一役の近藤洋一は、1977年生まれ、栃木県出身。

00年に山口隆(唄とギター)、木内泰史(ドラムスとコーラス)とサンボマスターを結成し、ベースとコーラスを担当。03にはオナニーマシーンとのスプリットアルバム「放課後の性春」でメジャーデビュー。その後オリジナル・アルバム、シングル等多数リリース。(私個人的にはテレビドラマ「電車男」のエンディングが素敵でした)

07年には自主イベント「世界ロック選抜」と称して、岡林信康、佐野元春、奥田民生、またMONGOL800や銀杏BOYZなど幅広く多くのミュージシャンとも対バンツアーを行う。そのファイナルでは、両国国技館にて当時発表していた楽曲55曲を約6時間かけて演奏するという前代未聞のライブに挑戦し、大盛況をおさめる。10年4月21日には5thアルバム「きみのためにつよくなりたい」がリリース。アルバムをひっさげワンマンツアーが行われる予定。

小谷アイ役の伊藤歩は、1980年生まれ。

映画「水の旅人ー侍KIDSー」でデビュー。16歳で出演した「スワロウテイル」の演技が絶賛され、第20回日本アカデミー賞で新人俳優賞・優秀助演女優賞をダブル受賞。その後「カンゾー先生」「のど自慢」「リリィ・シュシュのすべて」「さよなら、クロ」「ふくろう」「ホールドアップダウン」「呉清源 極みの棋譜」「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」TOKYO!「インテリアデザイン」』「ちゃんと伝える」など話題作に出演。10年も「花のあと」「BANDAGE バンデイジ」と出演作が続く。また、本作の共演がきっかけでサンボマスターの「世界をかえさせておくれよ」にゲストボーカルとして参加。

伊藤歩は「スワロウテイル」の頃から見ているけれど、不思議な女優さんです。特にすごい美人ってわけではないけれど、存在感があって、画面の中に彼女がいると、安心感があります。映画「のど自慢」で唄の上手い高校生の役が可愛かったです。

「ソラニン」では、心が傷ついた芽衣子を優しく受け止めていたし、恋人の近藤との関係もしっくりして、いい感じでした。

最後に、レコード会社の冴木隆太郎役のARATAが、非常にクールでした。

NHKドラマ「最後の戦犯」の演技は身につまされたし、映画「空気人形」は人形の彼女を優しく受け止めていたし、「20世紀少年」ではカルト集団に染まった危ない青年を演じていて凄みがありました。

ARATAは現在NHK土曜9時のドラマチェイス〜国税査察官」で、村雲(「カリブの手品師」)という、クールで複雑な役柄に挑んでいます。なかなか骨太のドラマで見逃せません。

映画ソラニンHP↓

http://solanin-movie.jp/

(了)

ぽちっとお願いします

↓↓↓

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »