2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« Oさんの手袋 | トップページ | 花見の思い出 »

「身の上話」にゾクゾク!

4月1日(木)
もわっとした空気と共に夜は怖いくらいの風の音。でも、読書のBGMにはぴったりです。
久しぶりに本に夢中でなかなか寝られなくなっています。
身の上話」(佐藤正午 著/光文社)の続きが気になってしょうがないからです。
この本は昨年偶然見た「NHK週刊ブックレビュー」の「司会者が選ぶ今年のベストワン」に選ばれていて、気になってはいました。

2010年春になって(出費が嵩むので)新刊本は買うまい家にある未読の本を読んでしまうまで、と思っていましたが「面白い本を読みたい!」という誘惑に勝てず、ついヨロヨロと手に取ってレジに並んでいました。
最初の1行を読み始めたのが寒風の中で(鍵を忘れて家に入れず、家族の誰かが帰るまで本を読んでまぎらしていた)、というのも主人公の状況を暗示しているようで、興味深いです。

赤い帯に書いてある通り「読み出したら止められない!」

Photo

内容については、一行も紹介できません、残念ながら。

こんな風に「続きが読みたくてしょうがない、でも終わってしまうのがもったいない」本は、宮部みゆきの「火車」やスティーブン・キングの「IT」以来でしょうか。
ここんところ、読書といえば「話し方の本」とか「クヨクヨしないための本」とかHOW TO本ばかり。血湧き肉躍る読書はとんと御無沙汰でした。

あぁ、これが読書の醍醐味。私は断然紙で読みたい派です。

« Oさんの手袋 | トップページ | 花見の思い出 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/34037580

この記事へのトラックバック一覧です: 「身の上話」にゾクゾク!:

« Oさんの手袋 | トップページ | 花見の思い出 »