2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« マトリョーシカ絵付け終了! | トップページ | マトリョーシカのニス塗り1回目 »

「せたがや梅まつり」に行ってきました

2月21日(
マトリョーシカ作りのゴールが見えてきたので、思い立って梅を見に出掛けました。
はい、梅の花を急遽描くことになったのです(自分で勝手に決めただけだけど)。
でも、実物の梅が花屋さんにはないことを知って愕然としました。
花屋さんというのは、季節を前倒し前倒しで店頭に花を並べるらしく、例えば梅があちこちで咲いている時は、花屋さんにとっては、もう梅のシーズンではないとのことです〜。

「あぁ、梅といえば梅ヶ丘の羽根木公園が有名ではないか!」(ポン!)
と、思い出した私はデジカメを持って午後から出掛けました。気張って薄手のコートで出掛けたら寒い寒い。
「梅ヶ丘〜梅ヶ丘〜」
梅ヶ丘駅前は、大変なことになっていました。ブラスバンドの演奏をやってるわ、色んな物産は出てるわで、人だらけの大賑わい。
なんと今は「せたがや梅まつり」を開催中だったのです。世田谷区のHP→ http://www.city.setagaya.tokyo.jp/040/d00010556.html
Photo_3 谷内六郎さんの絵がいいです・・・
Photo_4老若男女そして犬で、大賑わい。スタンド食べ物コーナーも大混雑。

Photo_5 敷物を敷いて、本格的に飲み食いしている方がけっこういる。そして、

Photo_6 なんと、こんな「貸しゴザ」なんかもあって。

地元の畳屋さんの提供かな?いいよね。
Photo_7 梅!この枝垂れ梅は人気で、皆さんパチパチ撮ってました。

Photo_8 白梅。きりりとして美しい。厳しい季節にしかも長く咲く梅。

こうありたいものです。

Photo_9 中村汀女さんの句碑。

「外にも出よ 触るるばかりに 春の月」
大きな満月に偶然出逢ったのでしょうか。浮き立つ気持ち、前向きになろうとする心を感じます。

Photo_10 私が特に気に入った梅。全体に緑がかった白梅です。

Photo_11ずっと写真を撮っていたら身体が芯から冷えました。

大根煮がうま!(350円)
思わず今晩のおかずもこれを真似して作りました。ビバ!大根!

Photo_12 公園の入り口には石焼きいも!売り方がうまいよ。試食できるし、300円のミニサイズも。
我が家のお土産に3本買ったら1500円!高!でも甘〜いんです。


梅のお花見って、桜とちょっと違いました。とても特徴的なのが、皆さん花そのものを愛でていること。携帯やデジカメ、または立派な一眼レフなどで梅の花をあーでもないこーでもないと、近づいて撮っています。
恋人や奥さんを梅の花をバックに撮ってらっしゃる光景もあちこちで見られて、微笑ましいな、と思いました。
桜のお花見というと、最初から飲食が目的で「花より団子」って感じだけど、梅はちゃんと花そのものを愛されている。梅への認識を新たにしました。

1年で1番寒い季節にけなげに咲く、梅の花。

桜に比べると少し地味ではあるけれど、品があって気高い花。私にとって、長く咲いていてくれるのがありがたい。
あまり写真がよく撮れなかったので、今度はスケッチに来ようかな?
家族連れで来ると、もっと楽しめそう!

「せたがや梅まつり」は2/28(日)まで。

小田急線梅ヶ丘駅下車。歩いてすぐの羽根木公園にて。

詳しくは世田谷区のHPを見て下さい。

↓↓↓

http://www.city.setagaya.tokyo.jp/040/d00010556.html

« マトリョーシカ絵付け終了! | トップページ | マトリョーシカのニス塗り1回目 »

行事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/33478450

この記事へのトラックバック一覧です: 「せたがや梅まつり」に行ってきました:

« マトリョーシカ絵付け終了! | トップページ | マトリョーシカのニス塗り1回目 »