2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« マトリョーシカに目が入りました! | トップページ | マトリョーシカ絵付け終了! »

「おおはさま宿場の雛まつり」は、見応えあり

2月19日(金)
今日は2本立て。
今日から私の故郷花巻市大迫町(おおはさまちょう)にて「宿場の雛まつり」がスタートしました。(2月19日〜3月3日)
花巻市のHP↓の、右上「おおはさま宿場の雛まつり」を開いてみてください。
http://www.city.hanamaki.iwate.jp/

我が家(村喜本店という酒屋)でも、江戸中期享保年間(1716〜35)の時代のお雛様「享保雛」があり、なかなか見応えがありますよ。

Photo_3 これが享保雛。

お顔は大人の女性の拳くらいはあるでしょう。現代の物と表情が随分違います。

Photo_4 蛍籠。夏に蛍を中に放し、鑑賞する道具とか。窓にあたる所に紗のような物が貼ってある。今では考えられない優雅な遊びです。ぼろぼろだった物を修復した(ありがとう、お兄さん)そうです。

大迫はかつて三陸と盛岡を結ぶ街道の宿場町として栄え、(羽振りがよかったのでしょう)お雛様を購入する家が多かったのです。それらは享保雛や次郎左衞門雛、古今雛など、貴重な雛人形たちです。かつてはそれぞれの家で楽しんだり、近所の家に子ども達が「お雛様見せてくなんしぇ」と言って訪ねたりする風習がありました。

子供が少なくなり(私が子供の頃も)、そんな風習も少なくなってきました。でも、実はたくさんのお宅にこんな宝物がしまわれていたのですね。

地図の22丹野木工所にmiwawanさん宅のと、お雛茶屋に友人Sちゃんのお雛様が飾られているそうです

今ではそれぞれの家がお雛様を公開し、会場は27会場。「宿場の雛まつり」として、夏祭りと並ぶ大きな行事になりました。

毎年この時期は地元のテレビ局の取材はあるわ、人はいっぱいだわで我が家も戦争のようになっています。
この間同窓会で帰った時も、「昨日テレビ東京の取材があったのよ」と母が言うのでびっくり。山田まりやと蛭子能収と太川陽介が来たとか。

後でお嫁さんからしっかりした情報を聞きました。

テレビ東京/2月27日(土)/午後7:00〜8:54

「土曜スペシャル 冬の奥州街道(松島〜竜飛岬)ローカル路線バス 乗り継ぎの旅」

詳しくはテレビ東京のHPへ

↓↓↓

http://www.tv-tokyo.co.jp/sat/

岩手ではテレビ東京は映るのかしら?地元の民放テレビ局は、ぜひこの番組を買ってほしいのですが。

お嫁さん曰く、「山田まりやさんは、しっかりしてた!」とか。

お嫁さん(「村喜本店」店主)もたぶん映りますよ。

村喜本店HP(これもお嫁さんが作りました!凄いよ・・・)

↓↓↓

http://www15.plala.or.jp/muraki/products001.html

« マトリョーシカに目が入りました! | トップページ | マトリョーシカ絵付け終了! »

大迫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/33446610

この記事へのトラックバック一覧です: 「おおはさま宿場の雛まつり」は、見応えあり:

« マトリョーシカに目が入りました! | トップページ | マトリョーシカ絵付け終了! »