2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 木村大作監督は怒鳴っていた | トップページ | 美しさは厳しさの中にしかない »

最後のピースは「戦国無双」

12月になりました。毎年恒例の「ニュース年賀状」製作の季節となりました。
今年流行った人やことを盛り込んで1枚のイラストにしています。今年何が流行ったか?をチェックしているのですが、「歴史好きの女性が増えている」というのは、今イチピンとこなくて困っていました。
でも、この間の「マイマイ新子と千年の魔法」初日でご一緒したSさん(CGアーティスト)から、レクチャーを受けました。

映画の後、新宿ピカデリー裏の電気店の「ゲーム館」前で、女性たちが束になってゲームをしています。若い女性が大勢でゲーム・・。珍しい光景です。

「歴女ですよ」

Sさん曰く、それは「戦国無双」というゲームで、そのゲームに夢中な女性たちは「歴女」と呼ぶのだとか。
勉強になりました。「年賀状」の最後のピースが「パチッ」とはまった気がします。
そして、みんなでアドホック2Fの本屋さんへ移動。そこは、アニメやゲーム関連本が充実してるんだとか。(ここって、前は文房具屋さんだったのにな・・・)
ゲーム本コーナー。みんながゲームの話をしているところで、またもSさんは教えてくれました。
「これが、『戦国無双』ですよ」
と、ゲーム攻略本を見せてくれました。なるほど、有名な歴史上の人物が、皆イケメンになっています。私は迷わずその中の1冊を買うことにしました。
Photo Sさんは、「えっ、買うの」と、ちょっと驚いた様子。
こういう時、私は競走馬のように周りが見えなくなります。
この本屋は「レジに並ぶ人の列が長いのが難点」と、さっき聞いたばかりだというのに、私は10人くらい続いた列に並んでしまいました。もうお店に行く時間なのに!他の人たちも(優しいので)、静かに待っていてくれました。
すみません!
このグループが飲み会に遅刻したのは、私のせいです。
ちなみにSさんは今お仕事で可愛いキャラクターたちを創っています。

NHK総合テレビ毎週金曜日夕方「新・三銃士」の後の「ビット・ワールド」という番組の「ないしょのはなし」に出てくる、CGの人形アニメです。CGなのに、棒がついた懐かしの人形劇(「ひょっこりひょうたん島」「ねこじゃら市の11人」「新・里見八犬伝」「プリンプリン物語」など)を彷彿とさせ、懐かしいイメージがします。
ウサギとか携帯型の犬とか大きな風船のような(「クレヨンしんちゃん」でいえば、ぼうちゃんのようなタイプ)のとか、キャラクターが出てきますが、私は「あしたのジョー」を擬人化ならぬ偽動物化した(?)みたいなオオカミのボクサーくんが好きです。

« 木村大作監督は怒鳴っていた | トップページ | 美しさは厳しさの中にしかない »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/32444859

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のピースは「戦国無双」:

« 木村大作監督は怒鳴っていた | トップページ | 美しさは厳しさの中にしかない »