2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 「劔岳 点の記」の撮影現場が映画に | トップページ | 木村大作監督は怒鳴っていた »

コーラスのコンサートでした

風邪をこじらせないように、マスク・のど飴・みかん・生姜・なるべく動かない・しゃべらない等々の作戦をこうじてきて、見事全快!それもこれも本日の「コーラスのコンサート」つまり「発表会」のためでした。まさに映画「歓喜の歌」の世界。揃いの黒いロングスカートとピンクのブラウスといういでたち。上は80代から下は30代までの女性合唱団。なんと今年で35周年です。
毎週毎週練習してきた曲が、少しずつ上手になる喜び、新しい仲間ができる嬉しさ、人生の先輩から教わる年をとることの楽しさ。
これは、1人で歌ってきたのとは違う醍醐味ですね。みんなと作り上げる楽しさってあります。
スポーツでもダンスでもそうかもしれないけれど、一生懸命やる。それを精一杯やりきった成果を人々に見せる、聴かせる、緊張感。それもたまらない。う〜ん、やみつきになりそう。
俳優さんがよく「舞台は大変だけど、くせになるよ」なんて言う気持ちがわかりました。

今回この「コーラスのコンサート」で知ったのは、その準備の大変さ。

実行委員の方たちは、プログラム作り、受け付けの準備、舞台に写るモーツァルトのスライド、最後の打上げの段取り、先生方へのお礼、そして休憩時間に飲むお茶と飴まで(!)心くばりをしてくださいました。本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました(私は、唄うだけで精一杯でしたが)。

また、新しい曲と出逢うのが楽しみです。

« 「劔岳 点の記」の撮影現場が映画に | トップページ | 木村大作監督は怒鳴っていた »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/32403437

この記事へのトラックバック一覧です: コーラスのコンサートでした:

« 「劔岳 点の記」の撮影現場が映画に | トップページ | 木村大作監督は怒鳴っていた »