2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« Macのエバンジェリストたち | トップページ | いわて銀河プラザで早池峰神楽を学ぶ »

早池峰神楽、ユネスコ世界無形文化遺産に!

お陰様で、記事がブログに載るようになりました。

no-nameさんという方に解決方法を教えていただきました。no-nameさん、ありがとうございました。

2016年のオリンピック開催地は、リオデジャネイロに決定!
日本は最後のプレゼンテーションが高く評価されましたが、惜しくも2回目の投票で落選・・・。
残念!

一方、10/1の新聞で嬉しいニュースが飛び込んできました。
我が故郷・岩手県花巻市大迫(おおはさま)の早池峰(はやちね)神楽が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録が決まりました。

今回の日本からの登録は、このほか雅楽・祇園祭の山鉾行事(京都)・アイヌ古式舞踊(北海道)・小千谷縮・越後上布(新潟)・石州半紙(せきしゅうはんし)(島根)・秋保(あきう)の田植踊(仙台市)・大日堂舞楽(秋田)・日立風流物(茨城)・チャッキラコ(神奈川)・題目立(だいもくたて)(奈良)・奥能登のあえのこと(石川)・甑島(こしきじま)のトシドン(鹿児島)だそうです。

早池峰神楽は、昨年文化遺産の候補になったとは聴いていましたが、いざ登録が決まると、やっと「正式」に喜んでいいんだ!と、ホッとする気持ちと、「よかったよかった」と小躍りする気持ちで一杯になります。
岩手県花巻市の大迫町(おおはさまちょう)(旧稗貫郡大迫町)に古くから伝わる「早池峰神楽」は、岳(たけ)神楽と大償(おおつぐない)神楽の2つの流派からなり、霊峰早池峰山の麓、厳かかつ美しい舞は観る人を興奮させます。特に岳神楽は8ビートで激しく、真剣を使っての乱舞など、何度観ても手に汗にぎります。
地元大迫で直に舞を体験するには、今までは夏の大祭とお正月の「舞初め」しかありませんでしたが、今では毎月仲町のホールで観覧できるようになりました。

映画「早池峰の賦(ふ)」(羽田澄子監督)は、早池峰神楽と、それを守り継承してゆく部落の人々の暮らしを、厳しくも美しい自然を織り込みながら、温かく描いています。

30年近く前、岩波ホールで初上映された時、ドキュメンタリー映画としては初のロングランを記録したこの映画。地元大迫町も町をあげて撮影に協力しました。
大迫の農協会館にて、編集前の3時間の映画が町民のために公開されました。

私もまだ地元の高校生だったので、この映画会は今でも覚えています。羽田さんの温かい誠実なご挨拶に皆拍手。いざ、上映が始まると、大きな笑い声があちこちで沸き起こります。どれもこれも町の人々がよく知っている人、知っている風景、知っている行事だから、嬉しいのと照れくさいのと、色んな感情が渦巻いてただただ興奮していたのかもしれません。

町の人々が大切に大切に守ってきた早池峰神楽。東京でも浜離宮朝日ホールなどでたまに上演されますが、ぜひ大迫(現・花巻市)にいらして、地元の人と一緒になって鑑賞してほしいものです。

花巻市観光 http://www.city.hanamaki.iwate.jp/sightseeing/

« Macのエバンジェリストたち | トップページ | いわて銀河プラザで早池峰神楽を学ぶ »

大迫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167966/31621153

この記事へのトラックバック一覧です: 早池峰神楽、ユネスコ世界無形文化遺産に!:

« Macのエバンジェリストたち | トップページ | いわて銀河プラザで早池峰神楽を学ぶ »